読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2017/5/21のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/5/21のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

オークスに騎乗するマイナー騎手は現れなかったものの、重賞以外のOP条件レースではマイナー騎手に複数の有力馬がまわってきた。
田中健騎手がテイエムヒッタマゲで勝利した昇竜ステークス以来のOP戦勝利なるか期待したい。

<○5/21(日) 新潟11R 韋駄天ステークス(OP) 芝1000 西田雄一郎×ラインミーティア(7歳・牡)>
<▲5/21(日) 新潟11R 韋駄天ステークス(OP) 芝1000 中井裕二×ダンシングワンダー(5歳・牝)>
新潟メインの直千OP戦、韋駄天ステークスには多数のマイナー騎手が参戦するが、もっとも期待できそうなのはベテランの西田雄一郎騎手が騎乗するラインミーティアか。
前走の駿風ステークスでは0.5秒差の4着に敗れたものの、外枠の馬が上位を独占する中、外枠以外から唯一上位に食い込む走りを見せた。
今回は何と言っても待望の大外枠からの発走となり、2段階の昇級戦ながらハンデにも恵まれて実績馬とも十分伍して戦えそう。
出足が早いタイプではないだけに包まれる不安はあるが、直千名人の鞍上の手腕に期待したい。

同じく韋駄天ステークスでは中井裕二騎手が騎乗するダンシングワンダーもチャスがありそう。
こちらも前走は駿風ステークスを0.5秒差で走ってラインミーティアと同タイムの5着だった。
前走は人気を裏切ってしまったものの、新潟参戦2戦目で雪辱を期す一戦。
こちらも前走に引き続き外枠を引き当て、休養明け3戦目と前走から斤量-3kgで本来の出足が戻ればおもしろい。

他にも小野寺祐太藤田菜七子菊沢一樹と多くのマイナー騎手が参戦する楽しみな一戦となった。

<▲5/21(日) 京都10R 鳳雛ステークス(OP) ダ1800 国分優作×グランドディアマン(3歳・牡)>
京都10Rの 3歳OP鳳雛Sには国分優作騎手がグランドディアマンで参戦する。
前走は大野拓弥騎手が騎乗して伏竜ステークスを3着。勝ち馬には離されたもののまずまずの結果を残した。
3走前には先日兵庫チャンピオンシップを制したタガノディグオを下しており、少頭数戦の今回なら上位を争える力もありそう。
昨年夏からの長期連敗を脱して以降好調の国分優騎手の勝負強さに期待。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村