読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2017/4/30のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/4/30のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

明日の天皇賞(春)にはちょっと意外にも杉原誠人騎手が挑戦する。
平地長距離のG1にマイナー騎手が参戦すること自体非常に珍しいので、なんとか爪痕を残してもらいたい。

<◎4/30(日) 新潟6R 未勝利 芝1200 伴啓太×アプト(3歳・牝)>
新潟競馬場ではマイナー騎手にチャンスがありそうな乗鞍が複数あるが、筆頭は伴啓太騎手が6R未勝利で騎乗するアプトか。
前走は1番人気に支持されながらの4着だったが、勝ち馬との差はわずかで初スプリント戦としてはまずまずの内容だった。
今回もそれなりのメンバーは揃っているが、芝戦では着順以上に安定した走りを続けており今回も大崩れはなさそう。
どちらかと言うとハイペースになりそうなメンバー構成で最内からどのような位置をとれるか注目。

<◎4/30(日) 新潟8R 500万円以下 ダ1200 中井裕二×サラマンカ(4歳・牝)>
ダートのスプリント戦では新潟8R500万円以下中井裕二騎手が騎乗するサラマンカに注目。
前走は中団からレースを進めて2戦連続の2着に惜敗。中井騎手は4回の騎乗で2着3回と相性の良さを発揮している。
割と力量差のはっきりしたメンバー構成で内と外に有力馬が揃ったが、逃げ馬不在で先行しそうな園田帰りのシャインスプライトが不気味。

<・4/30(日) 京都11R 天皇賞(春)(G1) 芝3200 杉原誠人×プロレタリアト(6歳・牝)>
京都で開催されるG1の天皇賞(春)には杉原誠人騎手が紅一点のプロレタリアトとともに参戦する。
鞍上云々の前にブロードアピールの孫がステイヤーになるのだからつくづく競馬はわからないものである。
実績的に最下位人気やむなしというところだが、ブラックエンブレムクィーンスプマンテ小島茂之厩舎が送り込むからにはこの馬も一発を狙っているはず。
ロングスパートのマクリかはたまた意表を突く単騎逃げか、いずれにせよきっぷの良い騎乗を期待したい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村