読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2017/4/15~2017/4/16のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

皐月賞松山弘平騎手が中央G1初勝利あげた一方、今週は新人騎手がそろって存在感を示す開催に。
2人のJRA初勝利を含め5人で計3勝、2着3回、3着2回と今までの鬱憤を晴らすかのような活躍を見せた。
皐月賞も久しぶりに中央G1初勝利となる騎手が勝利し、一部の騎手に有力馬が偏りすぎている現状が少しでも変わっていけばと願っています。

<4/15(土) 福島7R 500万円以下 ダ1150 木幡育也×オージーアイドル(5歳・牝) 1着/16頭(6人気)>
川又賢治騎手に続いて、JRA初勝利を上げたルーキーは木幡初広騎手の三男、木幡育也騎手であった。
土曜日の福島7R500万円以下で騎乗した6番人気の伏兵、オージーアイドルを見事に勝利に導いた。
大外からの発走となったが、抜群のスタートから好位を確保してレースを進め、直線ではあっさり抜け出して待望のJRA初勝利。
新人騎手のなかではもっとも馬質に恵まれていないように見えた木幡育騎手だったが、落ち着いた騎乗で勝ちきってみせたのは流石。
なおこの日の福島開催では木幡初也木幡巧也の両騎手も勝利をあげ、当然ながら史上初の三兄弟同日同場勝利という記録を達成した。
今後、父親木幡初広騎手も含めた親子4人同日勝利という記録が達成される日は来るだろうか。

<4/16(日) 福島9R 500万円以下 ダ1700 横山武史×ヒルノサルバドール(4歳・牡) 1着/15頭(1人気)>
さらに日曜日の福島9R500万円以下では今度は横山典弘騎手の三男、横山武史騎手がJRA初勝利を上げた。
圧倒的一番人気に支持されたヒルノサルバドールはスタートから気合をつけてハナを主張するが、最内のカレンコマンドールがなかなか譲らず、結果的に大逃げのようなかたちでレースを進める。
最後は完全に脚が上がって、後続に一気に詰め寄られたもののなんとか半馬身振り切ってヒヤヒヤのJRA初勝利となった。
これで今年の新人5人中3人が勝利を上げ、富田暁騎手と武藤雅騎手がまだ未勝利となっている。

今週の平地レースでは他に西田雄一郎小坂忠士鮫島良太杉原誠人菊沢一樹、そして新人の川又賢治騎手と久しぶりに多くのマイナー騎手が勝利をあげる開催となった。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村