読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2017/3/26のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/3/26のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

<◎3/26(日) 阪神2R 未勝利 ダ1800 鮫島良太×キーグラウンド(3歳・牡)>
土曜日は勝利をあげられなかった鮫島良太騎手だが、明日の乗鞍でも有力馬への騎乗が多くチャンスあり。
特に阪神2R未勝利で騎乗するキーグラウンドは有力。
前走は逃げたカフジグローリーをとらえきれず半馬身差の2着だったが、2番手からメンバートップの上がりを出す見どころ十分の内容。
使い詰めの心配はあるが、それほど強力な相手も見当たらず順当ならここでは実力が一枚上のはず。
デビュー戦一番人気で2着に敗れたアルバリサが2戦目でどこまで変わってくるか。

<○3/26(日) 中山11R マーチステークス(G3) ダ1800 木幡初広×アスカノロマン(6歳・牡)>
重賞二鞍はそれぞれおもしろそうな騎乗馬がマイナー騎手にまわってきた。
まずマーチステークスでダートの実力馬アスカノロマンの鞍上に指名されたのはなんと現役最年長の木幡初広騎手。
前走のフェブラリーステークスこそ15着に惨敗したが、昨年の中央ダートG12つでともに3着の実績はここでは大威張りできる。
58kgのハンデで好走した経験もあり、トップハンデとはいえ本調子なら圧勝しても不思議はない。
次男木幡巧也騎手が騎乗するディアデルレイも人気しそうで重賞で親子ワンツーフィニッシュという可能性も。

<・3/26(日) 中京11R 高松宮記念(G1) 芝1200 国分優作×ティーハーフ(7歳・牡)>
マイナー騎手にも比較的乗鞍がまわってきやすい短距離G1だが、今年の高松宮記念には国分優作騎手がティーハーフに騎乗して参戦する。
現時点ではまったく人気がないものの、昨年の同レースではレッツゴードンキを抑えてメンバー再先着(6着)を果たしており、人気ほど実力差があるとは思えない。
さらに昨年のスプリンターズステークスでも8着とはいえ、勝ち馬とは0.2秒差で走っており、流れ一つで逆転という可能性は決して低くない。
国分優騎手も人気がないほど燃えるタイプだろうし、混戦の中で色気を出して前がやり合う展開になれば侮れない。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村