読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2017/1/14のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/1/14のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

今週は2017年の2週目の通常開催。
新人騎手の登場までは寂しい騎乗数の週が続きそうだが、明日の開催も騎乗馬の質自体は悪くないので、まずは一鞍入魂で今年の初勝利を目指したい。

いくつかの意味で注目したいのが国分優作騎手が京都7R500万円以下で騎乗するマイネルレオーネ
前走は0.5秒差の7着ながらメンバートップタイの脚を繰り出す復調を感じさせる内容。
既に現級での勝利経験もあり、本調子に戻れば今回のメンバーでも上位の地力を持っているはず。
鞍上の国分優騎手は去年の7/17以来勝利から遠ざかっており、現在現役トップの150連敗中。
かつては年間45勝をあげた若手のホープだっただけに、2017年心機一転の意味でもなんとかチャンスをものにしたいところ。

続いて注目は鮫島良太騎手が中京6R500万円以下で騎乗するタガノモーサン
前走はハイレベルの一戦を0.3秒差の5着とまずまずの結果。
ダートのスプリント戦ではまずまず安定した走りができるようになってきた。
今回は障害帰りや地方帰りといった馬も多く、展開次第では十分チャンスあり。
ただタイセイプレシャスという強力な差し馬がいるだけに、いつもよりは前目で競馬をしたい。

もう1頭注目は中京10R蒲郡特別(5下)宮崎北斗騎手が騎乗するクリーンファンキー
前走は1番人気に支持されたものの出遅れが響いて6着。地力は見せたものの消化不良なレースに終わった。
スプリント戦でも対応できるスピードは見せたので、今回は本来の先行する競馬で実力を発揮したい。
相手は急成長中のスパイチャクラや堅実な走りのスペードクイーンなど。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村