読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/12/10~2016/12/11のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

今週もマイナー騎手は全体的に少々物足りない結果になったが、その中で一人気を吐いたのが5年目の長岡禎仁騎手。
減量期間終了を前に二日間の開催で3勝をあげる活躍を見せた。

まず土曜日中山1R未勝利ではスズカグラーテに騎乗して勝利。
好スタートからホワイトファングの2番手につけると、直線入り口で並びかけ、そのままゴールまで2頭の長い長い叩き合いになったが、最後にクビ差抜け出してスズカグラーテは4戦目にして初勝利をあげた。

翌日曜日は中山4R未勝利で2戦目のオンリゲットベターに騎乗して勝利。
逃げて2着に粘ったデビュー戦から一転、スタート悪く後方集団からの追走となったものの、3コーナーから早めに追い出すと長くいい脚を使って先頭集団を飲み込み、1番人気パイルーチェの追撃を半馬身差しのいで先頭でゴールを駆け抜けた。

長岡騎手はさらに日曜中山7R500万円以下でもヌーナを勝利に導き今週3勝。
上半期の好調ぶりからすると、最近はやや苦戦が続いていたがこれで今年の勝利数を19とし、3年目にあげた18勝を一気に抜いて、自己の年間最多勝利数を更新した。

平地レースでは他に、原田和真三津谷隼人坂井瑠星の各騎手が勝利を上げた。
また、日曜日阪神メインの阪神ジュベナイルF(G1)には嘉藤貴行騎手がポンポン木幡初也騎手がエムオービーナスで出走したものの、それぞれ17着、18着と結果を残すことはできなかった。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村