読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/11/13のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/11/13のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

明日の開催では久々にG1級レースにマイナー騎手が参戦する。
中距離以上のG1にマイナー騎手が参戦する機会は特に限られてしまうので、なんとか見せ場を作ってもらいたいところ。

さて、現時点10勝未満のマイナー騎手の乗鞍で最有力とみられるのはルーキーの菊沢一樹騎手が東京12R1000万円以下で騎乗するダイワインパルスか。
前走は主戦の田中勝春騎手が騎乗して0.2秒差の2着。
再昇級後も堅実に現級上位の走りを続けており、最高のタイミングで鞍上がまわってきた。
エバーキュート以下それなりの相手は揃っているが、-3kgの減量分を考えればここは勝ちきらなければいけないレース。
今年の優秀なルーキー達の中で、結果を出しているとは言い切れない菊沢騎手だが、なんとか意地を見せてもらいたい。

あとは本命サイドとまでは言えないものの福島2R500万円以下は2人のマイナー騎手にチャンスあり。
まず嶋田純次騎手が騎乗するコパノビジン。前走は同距離戦を0.6秒差ながら3着に健闘。
あと一歩詰めが甘く勝ちきれないでいるが、同馬を初勝利に導いた嶋田騎手とともに2勝目を目指す。
また中井裕二騎手が騎乗するキョウワゼノビアも有力馬の一角で、前走はダート替わりで0.4秒差の2着に好走した。
こちらも堅実な先行力はメンバー上位で、距離さえこなせば引き続き好走しても不思議はない。

そしてなんといってもG1エリザベス女王杯には杉原誠人騎手がプロレタリアトに騎乗して出走する。
前走も杉原騎手が手綱を取り、準OPの古都ステークスを勝利。勢いに乗ってのG1参戦となる。
プロレタリアトにとっても、そして杉原騎手にとってもこれが初めてのG1挑戦。
実績的にはまだまだ厳しいが前走同様、杉原騎手の一鞍入魂の騎乗でアッと言わせることができるだろうか。

また、福島メインの重賞福島記念(G3)には木幡初也騎手がマイネグレヴィルに騎乗して出走する。
こちらも人気薄になりそうだが、本日のメインレースを制した鞍上の勢いでどこまで食らいつけるか。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村