読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/11/5のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/11/5のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

今週はG1の谷間開催となるが全体的にまずまずのラインナップ。
木幡巧也騎手が来週まで騎乗停止となってしまい、新人の50勝到達はやや厳しくなったか。

明日の一番期待はやはり東京7R500万円以下藤田菜七子騎手が騎乗するサンタナブルー
前走は0.1秒差の3着。藤田騎手が騎乗して以降、再三好走を続けながらも勝ちきれずにいる。
今回も実力上位は間違いないながら、スローペース濃厚で前走で下したマイネルエスパスあたりの前残りは不気味。
5度目の正直を目指すなら、思い切って先行策をとってみるのもおもしろいかもしれない。

続いて福島1R未勝利で、村田一誠騎手が騎乗するパレスハングリー
前走は距離短縮が裏目に出たか8着に沈んだものの、中距離に戻ればやはり実力上位。
特に強力な相手も見当たらず、ダート初挑戦組の激走がなければ初勝利の可能性は高そう。
パレスハングリーが凡走すればルーキーの森裕太朗騎手が騎乗するエオリアにもチャンスあり。

あとは福島7R500万円以下嶋田純次騎手が騎乗するハートイズハート
ダート初挑戦となった前走でいきなり0.3秒差の3着に好走し、適性を示した。
イアペトスキチロクステージなど堅実に走る馬はいるものの、前走のパフォーマンスを見ればここでは問題にしないはず。
気性的に問題のある馬だけに道中の折り合いがカギ。

また東京メインの重賞京王杯2歳ステークス(G2)には嘉藤貴行騎手がダイイチターミナルで出走する。
前走重賞2着とはいえレーヌミノルとの6馬身差はやはり大きいか。
しかし前走も前評判は芳しくなかっただけに何が起こるかわからない。
なお嘉藤騎手は明日35歳の誕生日を迎え、バースデーでの重賞初勝利を目指す一戦となる。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村