読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/10/29のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/10/29のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

天皇賞・秋にマイナー騎手の騎乗予定はないものの、明日の開催ではそれなりの有力馬がまわってきた。
特に木幡巧也騎手は今週も盤石の乗鞍といった印象で、今週も複数勝利をあげるようだといよいよ新人での50勝到達が現実味を帯びてくる。

現時点で10勝未満のマイナー騎手にも明日の開催ではそれなりの有力馬がまわってきており、最注目は鮫島良太騎手が新潟2R未勝利で騎乗するノーブルサターンか。
前走は12番人気ながらダート替わりが奏功して0.1秒差の3着に好走。今回は人気サイドでの一戦となる。
相手関係も比較的楽そうで、ダート初挑戦組の激走がなければ能力では抜けているようにみえる。
不安要素をあげるなら天候か。脚質的にできれば乾いた馬場で走りたいところだが、新潟は雨予報。

続いて藤懸貴志騎手が新潟8R500万円以下で騎乗するラハトケレブ
前走は前残りの競馬の中で唯一後方からつっこんで0.3秒差の4着。現級の勝ち上がりにめどを立てた。
今回はそれほど決め手のあるメンバーも見当たらず順当なら大外のメイショウミツボシとの一騎打ちか。
ただ逃げ・先行馬が極端に少ないメンバー構成になってしまい、こちらも前に行った馬が粘り込んでしまう展開が怖い。

あとは中井裕二騎手が新潟10R柏崎特別(5下)で騎乗するフェイブルネージュ
前走はモレイラ騎手が騎乗したものの不利を受け14着に惨敗。再び中井騎手に鞍上が戻ってきた。
既に現級では上位のパフォーマンスを何度も発揮しており、今回も当然有力馬の一角。
相手関係としてはダイワプロパーがかなり強力だが、長い直線をいかしてなんとか差しきりたい。

東京の重賞アルテミスステークス(G3)では嘉藤貴行騎手がクイントゥープル田中健騎手がマルモレイナに騎乗して出走する。
人気はなさそうだが、マルモレイナは前走のOP戦で2着に好走しており、ここでもおもしろい存在。
田中健騎手にとっては母馬のマルモセーラで重賞初勝利をあげた縁深い血統でもある。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村