読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/10/22~2016/10/23のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

今週の開催ではルーキーの木幡巧也騎手が怒涛の4勝をあげ、これで新人リーディング独走の37勝。
ついに50勝の大台も目に見えてきたか。
もし50勝に到達すれば、新人では三浦皇成騎手以来8年ぶり、歴代で見ても武豊福永祐一三浦皇成騎手に続く4人目の記録となる。(JRA賞最多勝利新人騎手創設以来)

一方、木幡巧騎手の父親木幡初広騎手も土曜日の東京2R未勝利モンサンルリアンに騎乗して勝利した。
モンサンルリアンは好スタートから先手をとると、そのまま後続を2馬身ほど離してレースを進める。
そのまま直線に向くとさらにグングンと後続を引き離し直線半ばでは独走態勢。
最後はやや脚色鈍りながらも追い上げるメイショウヤエヤマを半馬身振り切ってゴールした。
木幡広騎手は先週から2週連続勝利で今年の3勝目、また今週の開催では長男の木幡初也騎手も勝利を上げ、初めて木幡家の3ジョッキー全員が勝利を上げる開催となった。

また土曜日の京都10R古都ステークス(16下)では杉原誠人騎手がプロレタリアトに騎乗して勝利した。
9番人気のプロレタリアトは道中はじっくりと中団後方を追走。
第3コーナーから大外を回って進出を開始すると、グングン先頭との差を縮め、ゴール手前で粘り込みをはかるワールドレーヴをきっちり差し切り先頭でゴールした。
杉原騎手はこれで今年の8勝目、土曜日唯一の乗鞍で見事に結果を出してみせた。

平地レースでは他にルーキーの荻野極騎手も2勝をあげた。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村