読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/9/24~2016/9/25のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

今週は二場開催にしてはまずまずの騎乗馬が揃ったものの、イマイチ勝利数を稼げず。
ルーキーの木幡巧也坂井瑠星両騎手も未勝利に終わってしまった。

その中で奮闘したのがベテランの岡田祥嗣騎手。
今週の乗鞍は土曜の2鞍のみだったものの、なんと両方のレースで勝利。
勝率10割、パーフェクトを達成した。

まず土曜阪神4R未勝利ではサトノアルカディアに騎乗。
1番人気ながらスタートから気合をつけ、道中は3番手でレースを進める。
直線ではややエンジンのかかりが遅くなったものの、後ろから足を伸ばしてきたロビーナに並びかけられると、一気に躍進して逃げる2頭をとらえ、最後は再度ロビーナに追い詰められながらもアタマ差しのぎきり、1.8倍の圧倒的な人気に応えた。

続いて阪神6R新馬戦で5番人気のストリートセンス産駒のコーカスに騎乗。
まずまずのスタートながら道中は6番手前後を追走、終始追走に手間取るような面を見せながらも、直線に入って外へと進路を確保すると一頭だけ次元の違う脚を繰り出して一団をまとめて抜き去り、最後は後続に4馬身差をつける圧勝となった。
レース中もまだまだ幼い面を見せており、今後の成長次第では大きなところを狙える逸材に成長していくかもしれない。
調教師の談としてはケンタッキーダービーも視野とのこと。

また日曜日は菅原隆一騎手が中山6R500万円以下でお手馬のトーセンアーネストに騎乗して今年2勝目をあげた。
またこのレースでは藤田菜七子騎手騎乗のハヤブサライデンも人気薄ながら2着に逃げ粘った。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村