読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/8/28のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/8/28のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

明日の開催では現時点で10勝未満のマイナー騎手にもそれなりの有力馬が回ってきたが、何より重賞2レースのマイナー騎手の一発に期待してみたい。

まずベテランの熊沢重文騎手が平地のレースでもチャンスあり。
小倉1R未勝利テイエムチェロキーに騎乗する。
前走は藤岡康太騎手が騎乗して軽快に逃げながらもアタマ差の2着に敗れた。
堅実な先行力を武器に勝ち抜けは秒読み段階といったところで、今回のメンバーでも実力が1枚抜けている。
スタートさえまともなら確勝級にも見えるが、2戦目のアッティーヴォが多少不気味。

明日の重賞2レースはともに、ひょっとしたらと期待したくなるラインナップ。
まず札幌11Rキーンランドカップ(G3)には水口優也騎手がセカンドテーブルで参戦する。
前走はオープンのUHB賞を3着。初参戦の札幌でも問題なく好走してみせた。
今年に入ってから馬が一変し、短距離戦で水口騎手とともに安定した走りを続けている。
もちろん今回は楽なメンバーではないが、シュウジソルヴェイグあたりが牽制しあう間に先手を奪ってしまえばチャンスはありそう。
というか、この人気で最内枠に入った以上、行く以外の選択肢はないはず。腹をくくった騎乗を期待したい。

さらに新潟11R新潟2歳ステークス(G3)には、岩部純二騎手がオーバースペック柴田未崎騎手がマイネルパラディ木幡初也騎手がチシャーキャット、そして木幡巧也騎手がアピールバイオで参戦する。
判断材料に乏しく難解な一戦だが、やはり岩部騎手騎乗のオーバースペックが一番期待できるだろうか。
前走は後方二番手から11頭をゴボウ抜きする未勝利戦らしからぬ豪快な勝利。
直線の長い新潟の芝レースにはまさにうってつけと思える存在だ。
逆に前につける馬の中では木幡巧也騎手騎乗のアピールバイオがおもしろい。
初出走の前走は2着以下に8馬身差をつける圧勝、圧逃劇。
斤量面での恩恵はなくなるが、意外と絡んでくる馬もいなさそうで、単騎で逃げられれば捕まえきれないという展開もありそう。

どの騎手が勝利しても重賞初勝利ということになる明日の重賞2レース。
まずはとにかく悔いの残らない騎乗を期待したい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村