読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/8/20~2016/6/21のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

今週は若手騎手が奮起した開催に。

まずルーキーの荻野極騎手が土曜日小倉1R未勝利オイカケマショウに騎乗して勝利。
入れ替わり激しい先団の争いを見ながら、道中はじっくり中団からレースを進める。
コーナー前ではかなり後ろに下げていたが、直線で大外に持ち出すとぐんぐん伸びて、脚の上がった先団9頭をまとめて差しきってゴールした。
荻野極騎手はこれで木幡巧也騎手、坂井瑠星騎手に続いて3人目の新人10勝に到達。
デビュー週の絶望的なラインナップを考えれば大健闘といっていい成績だ。

続いて2年目の三津谷隼人騎手は日曜日小倉12R500万円以下セフティーエムアイに騎乗して勝利。
スタートはダッシュがつかず、道中は後方2番手からレースを進める。
一時は先頭から20馬身離れたかという位置だったが、1000mを過ぎたころから徐々にポジションをあげて、直線に入ったところでは先団をとらえようかという位置にまで追い上げる。
ソリティールが残り200mで抜けだして粘りこみをはかろうというところを、外から一気の末脚で鮮やかに差しきった。
単勝146.4倍のまったくの人気薄でのあっと驚く勝利で、WIN5配当4億円の立役者となった。

今週の平地レースでは他に長岡禎仁原田和真木幡初也(2勝)、木幡巧也の各騎手が勝利。
木幡初騎手の勢いが相変わらず止まらず、ここ5週の開催で毎週勝利、合計7勝をあげ、まさに手がつけられない状態になっている。
なお重賞レースでは坂井瑠星騎手が札幌記念(G2)レッドリヴェールで出走し16着、村田一誠騎手がTV西日本北九州記念(G3)ヤマニンプチガトーで出走し8着という結果であった。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村