読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/8/14のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/8/14のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

外国人騎手の通年参戦にも負けず、毎週奮闘する新人騎手。
明日は現在9勝をあげている荻野極騎手が木幡巧也騎手、坂井瑠星騎手に続く新人3人目の2ケタ勝利を狙う。

明日はほぼ全馬でチャンスがありそうな最高のラインナップだが、もっとも期待できそうなのは小倉3R未勝利に出走するハトマークレディか。
前走はダートの1000mを軽快に逃げながら、惜しくもモズワッショイのハナ差2着に敗れた。
既に未勝利超級のパフォーマンスは何度も見せており、能力上位は疑いないところ。
ただ外枠に入ってしまい、オクタゴンヴィクトリアマンボを制してハナをとれるかというところが鍵になりそう。

その後の小倉8R500万円以下で騎乗するメイショウボノムも有力馬の一角。
前走は先行勢総崩れの中、番手の競馬から0.1秒差の3着と大健闘。このクラスにも早々とメドを立てた。
テンザンストーム×キンシャサノキセキという血統通りの超スピードタイプだけに1000m戦はもってこい。
シゲルゴホウサイは相当強力そうだが、すんなりハナを切れるような展開になればおもしろい。

さらに小倉最終12R500万円以下で騎乗するノーブルスノーもチャンスあり。
前走はハイレベルな1戦を1.0秒差の4着。昇級後初めて好走といっていい内容の走りを見せた。
今回も混戦ながらそれほど強力なメンバーは見当たらず、前走程度のパフォーマンスなら上位に食い込んでも不思議はない。
逃げ馬というわけではないが、せっかく最内枠に入っただけに、荻野極騎手らしい積極的な騎乗を期待したいところ。

また新潟11R、重賞の関屋記念(G3)では村田一誠騎手がクリノタカラチャンとともに出走する。
最近は2ケタ着順が続いているが、真夏の開催を得意とする同馬でどこまで頑張れるか。