読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/8/7のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/8/7のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

明日の開催ではベテラン勢の乗鞍にも注目。

まず44歳の岡田祥嗣騎手が小倉3R未勝利で騎乗するテンザンデザート産駒のドルチェリア
前走は遅れてのデビュー戦ながら0.2秒差の4着と見せ場十分の内容。
実績的にはモンストルコントに次ぐ多数の2番手評価勢の一角というところだが、2戦目の上積みを期待すれば、1番人気を脅かす筆頭といってよさそう。
血統的にも距離短縮はプラスになりそうで期待。

続いて39歳の柴田未崎騎手が小倉10R天草特別(10下)で騎乗するヒデノインペリアル
降級戦の前走はなかなか強いメンバーが揃っていたものの、しっかり勝ち切って再昇級。
柴田未騎手自身も嬉しい今年2勝目をあげ、今回は勢いに乗って連勝を目指す1戦となる。
前走で一変を見せたモズスターキョウワランサーといったメンバーはいるものの、元々このクラスでも何度も連対を果たしている馬だけに能力面での心配はない。
たださすがにこのクラスで出遅れてしまうと、挽回がきかない可能性はあるので、前走同様スタートだけはしっかりと決めたい。

ベテランというほどではないが、嘉藤貴行騎手が新潟2R未勝利で騎乗するエタニティーワルツも有力。
同枠のM.デムーロ騎手騎乗のクラウンホイールが一番人気になりそうだが、短距離戦ではこちらに一日の長がある。
道中はマークしながらレースを進め、長い直線できっちり差し切りたい。

また嘉藤騎手はレパードステークス(G3)にもオーシャンビューとともに出走する。
上位人気馬とは差がありそうだが、前走で古馬相手に0.4秒差と善戦し、確実に調子は上がっている。
血統的に距離延長も歓迎でどこまで上位に食い込めるか少し期待してみたい。