読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/8/6のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/8/6のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

順調に勝ち星を重ねる今年のルーキー騎手。
明日の開催では、リーディングを引っ張る木幡巧也騎手、坂井瑠星騎手以外にも有力馬が回ってきた。

まず森裕太朗騎手が小倉12R500万円以下で騎乗するテイエムシャンパン
前走はハイレベルの1戦を0.7秒差の6着。
降級後3戦して勝ちきれていないが、上位で安定感のある走りは続けている。
今回のメンバーはこれといった決め手のある馬が見当たらず、順当なら同枠のナガラブルボンとの一騎打ちか。
前走では先着を許しているが、減量騎手起用分で逆転勝利を狙いたいところ。

続いて荻野極騎手が小倉5R新馬で騎乗するショウナンカンプ産駒のヤクシャハソロッタも注目。
珍名馬らしく馬主は小田切有一氏の息子の小田切光氏。
仕上がりの良さがうかがえる動きを見せておりで初戦から期待できそう。
田切氏にとっては地元開催ともなる小倉でデビュー戦勝利を飾れるか。

他には菅原隆一騎手が札幌7R500万円以下で騎乗するトーセンアーネストも有力。
前走の降級戦は2着。1着のヴィンテージドールが7馬身差の快走を見せ、明らかに相手が悪すぎた。
芝の長距離戦で実績のある福永騎手騎乗のレオニーズや減量の坂井騎手を起用してきた急成長中のトウシンタイガーなど不気味なメンバーはいるが、ここ3戦の充実ぶりを見れば、ここは負けられない1戦。
菅原騎手にとって同馬は初めて重賞に挑戦した思い入れのある馬でもある。
先日のトーセンラムセスに続いて、トーセン冠の馬で今年の2勝目を狙う。