読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/6/30~2016/6/31のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

今週というか、日曜日の新潟開催で野中悠太郎騎手が怒涛の3勝。
野中悠太郎デーともいうべき大活躍を見せた。

まず新潟3R未勝利で8ヶ月ぶりの出走となる13番人気のドゥリーミンに騎乗。
外枠からダッシュよく好位を確保すると、終始口を割りながらも、最終コーナーで先団に取り付き、直線では早々に突き放して終わってみれば6馬身差の圧勝劇。
最下位だった前走からまさに一変のあっと驚く勝ち上がりとなった。

続く新潟8R500万円以下では4番人気のネイチャーレットに騎乗して、中団後方からレースを進め、長い直線で9頭を差しきる豪快な勝利。
さらに準メインの新潟10R岩室温泉特別(10下)では2番人気のドリームドルチェに騎乗して、道中3番手から抜けだす横綱相撲で完勝を見せた。
野中騎手自身初めての1日3勝、初めての特別戦勝利、初めての減量なしでの勝利と初物尽くし、大活躍の一日となった。

他にも土曜日の小倉メインKBC杯(16下)で勝利を上げた岡田祥嗣騎手をはじめ、的場勇人田中健(2勝)、木幡初也(2勝)、木幡巧也坂井瑠星と多くの騎手が平地レースで勝利を上げ、それぞれ存在感を示す開催となった。

なお、重賞のアイビスサマーダッシュ(G3)には村田一誠的場勇人杉原誠人木幡巧也の各騎手が挑戦したが、杉原騎手が騎乗したブライトチェリーの7着が最高と見せ場を作ることはできなかった。