読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/7/31のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/7/31のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

明日はマイナー騎手の祭典ことアイビスサマーダッシュが開催され、今年も新人の木幡巧也騎手を含む4人が挑戦する。
ただ全体的なラインナップは、既に10勝に到達している木幡巧也騎手、坂井瑠星騎手を除くと厳しいか。

そんな中で、比較的期待できそうな騎乗馬がまわってきた感があるのは的場勇人騎手。
まず新潟1R未勝利ではストーミングホーム産駒のルックアットミーに騎乗。
デビュー戦の前走は12番人気ながらメンバートップの末脚を繰り出し0.4秒差の4着に好走。
今回はメンバーも大幅に楽になって、前走のパフォーマンスを見ればはっきり能力上位。
ただスローペース必至のメンバーだけに、逃げを打ちそうな木幡巧也騎手騎乗のパフォームが怖い。

また有力とまでは言えないものの、新潟7R未勝利で騎乗するボルドーもワンチャンありそう。
前走は0.6秒差の6着に敗れたもののスローペースの中で堅実な伸び脚を見せた。
マックールロマンコスモの2強とは差がありそうだが、ともに前に行きたいタイプだけに、ハイペースになればじっと我慢できる同馬にもチャンスがまわってきそう。

また新潟11RのアイビスサマーD(G3)にはその的場騎手を含む4人のマイナー騎手が参戦する。
村田一誠騎手がヤマニンプチガトー的場勇人騎手がヤサカオディール杉原誠人騎手がブライトチェリー、そしてルーキーの木幡巧也騎手がフレイムヘイローで挑戦する。
能力的にはやや厳しそうだが、やはり一番期待できそうなのは直千名人、村田一誠騎手とヤマニンプチガトーか。
すでに7歳となった牝馬だが、走るごとに内容良化を続けており、前走も10着とはいえ、コースレコード決着の0.6秒差なら悪くはない。
最内の不安はあるが無欲の追い込みに徹して一発を狙いたい。