読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/7/30のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/7/30のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

今週からは開催場所を移して夏競馬後半戦を迎える。

明日の開催での注目は何と言っても竹之下智昭騎手が小倉メインのKBC杯(16下)で騎乗するテイエムジンソク
前走は勝ち馬に離されての2着だったが、前々走の勝利がフロックでないところをしっかり見せた。
全レースを阪神か京都の中央場所で走ってきた同馬にとってはローカル開催のここは負けられないところ。
小回り小倉の開催週とあって、堅実な先行力も有利に働きそうだ。

また、確勝級と言えそうなのが木幡初也騎手が新潟12R500万円以下で騎乗するストロングトリトン
前走は500万円以下で見事1着。レース後の休養中に降級して今回は同級で連勝を目指す。
それなりの相手は揃っているが、ここ3戦の充実ぶりを見れば能力最上位は間違いない。
逃げようと思えば逃げられそうなメンツでもあり、長い直線をどの位置で迎えるか道中の位置取りにも注目。

札幌での注目は中井裕二騎手が2R未勝利で騎乗するキセキノムスメ
前走、中井騎手に乗り替わった初挑戦のダート1000m戦で一変してタイム差無しの2着に激走した。
今回は同距離、さらに牝馬限定戦ということで必勝を期したいところ。
能力的には文句無しだが、出足が早いタイプではないだけに短距離戦の内枠をどう捌くかがカギになりそう。