読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/6/16~2016/6/17のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

夏競馬に入ってから未勝利を脱出する騎手が続出しており、今週も2人のマイナー騎手が今年の初勝利をあげた。

まず土曜日函館1R未勝利で今年の初勝利をあげたのはマンカストラップに騎乗した西村太一騎手。
ダート1000mらしく好スタートから勢いのままにハナを奪い、道中は並走するかたちで一団を先導、直線で並走するブキスを競り落とすと最後は余力十分にゴール板を駆け抜けた。
西村騎手は99戦目にして嬉しい今年初勝利。
自身の乗鞍の半分以上を占めるミルファームの所有馬での勝利となった。

日曜日の開催では小野寺祐太騎手が福島4Rの障害未勝利シゲルヒノクニに騎乗して今期初勝利。
するとその後の福島7R未勝利(2600m)で騎乗したセシルクラウンでも、後方待機からラスト1周でどんどんマクっていく大胆な騎乗で見事に連勝を飾った。
長距離戦はジョッキーの腕の差が出やすくなるが、障害レースの騎乗経験がいきたかのような鮮やかな騎乗だった。
1日2勝は小野寺騎手自身デビュー以来初めて。

平地レースでは他に柴田未崎杉原誠人原田和真(2勝)、木幡巧也坂井瑠星(2勝)、荻野極の各騎手が勝利。
原田騎手は先週と今週で3勝をあげ一気に10勝まで到達した。