読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/7/17のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/7/17のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

函館記念に挑戦するマイナー騎手こそいないものの明日の開催も全体的な馬質は上々。
10勝を超えているので注目乗鞍としてはあげないが、特に木幡巧也騎手は中堅騎手以上のそうそうたる陣容が揃った。

まず注目は最近調子を上げてきた原田和真騎手が函館1R未勝利で騎乗するラッシュアウト
デビュー以来原田騎手が手綱をとって、今回3戦目での勝ち上がりを目指す。
前走は勝ち馬にこそ離されたものの先行勢総崩れの中の2着は立派。
今回は少頭数に加えて他の人気馬が前に行く展開になりそうなので、競馬自体もしやすそう。

続いて嘉藤貴行騎手が福島1R未勝利で騎乗するポンポンも有力。
2戦目の前走は逃げて捕まっての3着ながら、デビュー戦から内容を良化させる見せ場十分の一戦だった。
今回は多頭数ながらレベルは相当低く、実績的には木幡巧也騎手のデカとの一騎打ちか。
逃げたい馬は他にもいそうだが、能力的に自然と逃げる形になりそうなので、展開はさほど問題にはならないか。
早めの仕掛けで追いかけるデカから逃げ切ってしまいたい。

もう1頭あげるなら福島6R未勝利杉原誠人騎手が騎乗するステイゴールド産駒レッドアルソード
前走はベリー騎手が騎乗して0.4秒差の4着。
勝ち味に遅く、なかなか期待以上の走りが見られないが、今回のメンバーなら展開次第で差し切っても不思議はない。
もともとは新馬戦で1番人気に支持された良血馬だけにそろそろ好走以上の結果を出したいところ。