読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/7/10のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/7/10のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

明日の開催の注目はなんといっても七夕賞
その前に他の注目馬も何頭かピックアップ。

まず水口優也騎手が函館7R500万円以下で騎乗するノボリクリーン
門別から中央へ転入してきた馬だが、ダートの短距離では安定して現級上位の走りを続けている。
今回は相手関係もさらに楽になり確勝級といってもよさそうで、待望の中央初勝利をかける一戦となる。
ダート1000mなら紛れも少なそうだが、もちろんスタートだけはきっちり決めたい。

続いて中京8R500万円以下鮫島良太騎手が騎乗するキタサンコンサート
降級戦の前走は2着に敗れたものの、変わらず逃げれば安定して強いところを見せた。
実力上位は間違いないが、今回も1番人気濃厚なだけに、他馬がすんなり逃がしてくれるかというところがカギになりそう。
相手筆頭は堅実な差し脚のタイユール、前走まったくレースをしていないレッドサバスなど。

そして福島の七夕賞(G3)では藤懸貴志騎手がお手馬ヤマニンボワラクテとともに重賞初制覇を狙う。
丸山元気騎手が騎乗した前走の天皇賞は玉砕覚悟の積極策だけに参考外、自分の庭ともいえる福島でどこまでというところだろう。
同条件の福島民報杯で敗れたシャイニープリンスなどを差し置いて、現時点一番人気はどうかと思うが、今年に入ってからの充実ぶりを鑑みれば斤量55kgは恵まれたといえるか。
上位拮抗…どころか全馬にチャンスがありそうな大混戦だが、人馬ともに重賞初制覇を、そして先日亡くなった錦岡牧場オーナーに勝利を捧げられるか。