読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/7/3のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/7/3のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

このブログでは基本的に減量特典のある若手騎手を多く取り上げがちだが、明日の開催ではベテラン騎手にも有力馬がまわってきた。

まずなんといっても柴田未崎騎手が中京1R未勝利で騎乗するマイネルパラディ
前走は三津谷隼人騎手が騎乗して出遅れながらもタイム差なしハナ差の2着に突っ込んできた。
乗り替わりで減量の恩恵がなくなるとはいえ、ここでは能力が2、3枚抜けている。
普通に回ってくれば勝てると思うが、スズカブラックはやや不気味か。
ともあれ今年初勝利に向けて千載一遇のチャンスが巡ってきた柴田未騎手。
ここは勝ち方よりも勝利することにこだわりたい。

他のベテラン勢の騎乗馬では木幡初広騎手が函館5R新馬で騎乗するラヴトワイス
熊沢重文騎手が中京8R500万円以下で騎乗するヒダロマンあたりが有力。

一方、重賞の2レースでもマイナー騎手に騎乗馬がまわってきた。

まずラジオNIKKEI賞では嘉藤貴行騎手がキングハート杉原誠人騎手がピックミータッチで出走する。
どちらも能力的にやや厳しいかなというところなので、積極的な騎乗を期待したい。

そしてCBC賞(G3)では森一馬騎手がお手馬のラインスピリットで出走。
こちらも人気はなさそうだが、近3走の充実ぶりを見ればここでも通用して不思議はない。
最近は逃げ以外にも脚質の幅が出てきたが、開幕週かつ大一番のここはやはりベルカントを抑えてハナを主張するレースが見たいところ。