読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/6/19のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/6/19のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

明日の函館スプリントステークスには中井裕二騎手をはじめマイナー騎手が3人出走。
それなりに相手も揃った感があるがなんとか見せ場を。

まず阪神1R未勝利ではテイエムオーシャン産駒テイエムダグラスに引き続き田中健騎手が騎乗。
4着に敗れた先週に続いての連闘となるが、今回はさらに相手関係が楽になった。
ダート初出走となる最内のディープインパクト産駒、アイアンマンが不気味だがそれ以外のメンツからは能力で一枚抜けている。
使い詰めの心配はあるが、スムーズに好位置につけられればチャンスは大きい。

1ヶ月勝ち星がないルーキー木幡巧也騎手にも久々に有力馬がまわってきた。
東京1R未勝利ミュゼリバイアサンに騎乗する。
こちらも今回の相手関係はかなり楽そうで、実力的には十分勝ち負けできる。
間隔を空けずに使ってきている影響がどう出るか。

また重賞の函館スプリントステークス(G3)には3人のマイナー騎手が出走する。
注目は何と言っても中井裕二騎手とローレルベローチェ
前走は高松宮記念を堂々逃げての15着。
上位人気混戦の中の一角だが、今回も無欲の逃げに徹したい。
杉原誠人騎手は札幌1200mのレコードホルダーエポワスに騎乗。
長期休養明けの前走は京王杯スプリングカップを16着。
やや敷居が高く感じるが、叩いて二戦目と得意の函館コースでどこまで頑張れるか。
村田一誠騎手はヤマニンプチガトーに騎乗。
人気薄が予想される7歳牝馬だが、前走鞍馬ステークスは後方からレースを進めて0.4秒差の6着と夏に向けて着実に調子を上げている。
人気馬が前に行く展開はハイペース必至で、ハマればおもしろい存在だ。