読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/6/5のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/6/5のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

安田記念の開催日ながら、二場開催ということもあってマイナージョッキーにとってはやや厳しいラインナップに。

一番期待は阪神3R未勝利藤懸貴志騎手が騎乗するドンボラーレか。
藤懸騎手が騎乗するようになってから競馬が一変し、前走はバルジュー騎手で4着、今回再び鞍上が戻ってきた。
休養明けながらこの条件での安定感はメンバー上位。
急成長中のメイショウユメマルが強敵だが、積極的な競馬でプレッシャーをかけていきたい。

坂井瑠星騎手が阪神6R未勝利で騎乗するトウシンゼファーも注目。
前走は加藤祥太騎手が騎乗して3着。1着馬からは離されたものの現級上位の力は見せた。
能力的にはラップランドが抜けていそうだが、それ以外の人気馬とは大きな差はない。
先行するラップランドを警戒してのハイペースになれば、前走から-1kgの斤量を活かして一気に台頭してくるかもしれない。

菊沢一樹騎手が東京7R500万円以下で騎乗するモンサンビアンカもちょっと注目。
前走は宮崎北斗騎手が騎乗して4着。とはいえ休養明けを考えればまずまずの内容。
今回は1400mで1ハロン長い感じはあるが、減量騎手起用分でもたせることができれば能力自体は上位。
スローペース必至のメンバーだけに圧勝した初勝利時のように気持ちよく逃げられればおもしろそう。