読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/5/29のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/5/29のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

さすがにダービーに騎乗する騎手はいなかったものの、新人騎手にはぼちぼち有力馬がまわってきた。

まず坂井瑠星騎手は京都3R未勝利ディープインパクト産駒、サトノオニキスが有力。
差し馬ながらデビュー以来安定した走りを続けており、今回は牝馬限定戦ということで勝ちに来た感がある。
それなりにメンバーは揃っているが、減量騎手起用であと一歩を補いたい。
ただ明らかにスローペースになりそうなメンバー構成なのは気になる。
また坂井騎手は京都7Rのシーサイドバウンドも一応チャンスはありそう。

その京都7R500万円以下で上位人気が予想されるナムラケイトに騎乗するのが同じく新人の荻野極騎手。
前走は福永祐一騎手が騎乗して2着、ちなみにこの時の1着マイティティーには荻野極騎手自身が騎乗していた。
3着→4着→2着とあと一歩のレースが続いているが、今回はややメンバーが骨っぽい感じもある。
逃げ馬多数でペース的にも不向きになりそうだが、減量分でどこまで前進できるか。

また今日4勝目を上げた藤田菜七子騎手はダービー後の東京12R目黒記念(G2)で10歳馬サイモントルナーレに騎乗する。
サイモントルナーレは去年の井上敏樹騎手(函館記念)に続いて、藤田騎手でも重賞初挑戦を請け負うことになった。
さらに今年の2月には石神深一騎手でダイヤモンドステークスにも挑戦しており、マイナー騎手ファンにはすっかりお馴染みの馬である。
さすがに10歳馬とあってずっと後方侭といった走りが続いているが、せっかく内枠に入ったのだから少しばかりは見せ場を期待したくもなる。