読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/5/21~2016/5/22のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

オークスに騎乗するジョッキーはいなかったものの、ルーキー3人が勝利をあげる開催となった。

まず森裕太朗騎手。
今週は土日通じて1鞍のみの騎乗だったが、唯一の乗鞍、土曜日新潟1R未勝利シゲルサンマを見事に勝利に導いた。
五分のスタートからハナを主張して経済コースを確保、最終コーナーで後続を突き放し、直線でも内ラチいっぱいを粘りに粘って押し切った。
森裕太朗騎手は初勝利までやや時間を要したものの、そこから約1ヶ月の間に3勝をあげ、調子が上向いている。
今後も着実に実績を積み重ねて騎乗馬を確保したい。

そしてなんといっても坂井瑠星騎手が今週怒涛の3勝。
まず土曜日京都2R未勝利で2番人気のピッツバーグで勝利をあげると、日曜日は京都3R未勝利単勝211.1倍のゼーリムニルを、12R1000万円以下ではイクラトロを勝利に導いた。
3勝すべてが中団からの差し切り勝ちと、技術力の高さを窺わせる騎乗ぶりを見せた。

重賞平安ステークスでは森一馬騎手がお手馬マジェスティハーツで出走したものの、やはり初ダートは厳しく13着に終わった。

他に中井裕二長岡禎仁(2勝)、そしてルーキー荻野極の各騎手が平地で勝利。
相変わらず絶好調の長岡騎手はこれで12勝となり、木幡巧也騎手の11勝を上回った。