読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/5/8のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/5/8のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

NHKマイルカップには残念ながら挑戦する騎手はなし。
来年には木幡巧也騎手がいっぱい乗っているかもしれないけれど、その時はもうマイナー騎手じゃないというジレンマを感じます。

さてまずは嘉藤貴行騎手が京都5R500万円以下で騎乗するモルゲンロートがチャンス。
前走は好位から追い詰めたもののわずかに及ばずタイム差無しのハナ差の2着だった。
今回は少頭数のレースとなり、実質相手はエキドナ1頭か。
同系統の先行脚質の相手で真っ向勝負しかなさそうだが、ダート1800mに出走馬8頭という恵まれた条件だけになんとかものにしたいところ。

続いて荻野琢真騎手。
明日唯一の乗鞍の新潟12R中ノ岳特別(10下)ヒデノインペリアルが有力馬。
ここ5戦ほど現級では抜けたパフォーマンスを見せており、勝ち抜け秒読みといったところで再度チャンスがまわってきた。
どこからでも競馬ができるタイプだが、後方待機だと前走の轍を踏むかもしれない。
人気のアースコネクターが最内から逃げそうなだけに、積極的な競馬がみてみたい。

もうひとりの荻野騎手。荻野極騎手にもチャンスあり。
京都8R500万円以下グレイスミノルでチャンスあり。
この馬も堅実に上位のパフォーマンスを見せるタイプで前走は武豊騎手が騎乗して0.2秒差の4着。
本来なら抜けた人気になってもおかしくないところだが、今回はラテラルアーク以下、メンバーがなかなか揃っており、展開的にもやや不安がある。
減量分と、今日4勝目をあげた鞍上の勢いで詰めの甘さを克服できるか注目。