読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/5/1のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/5/1のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

華やかなG1の裏でマイナー騎手は毎週地道に乗鞍をこなしています。
とはいえ、明日は少し物足りないラインナップに。

まず注目は木幡一家の長、ベテラン木幡初広騎手が新潟12R五泉特別(5下)で騎乗するコスモイノセント
新馬戦を勝ち上がったあとの2勝目が遠く、5歳馬になってしまったが、徐々にではあるが確実にパフォーマンスはあげており、ここ数戦は現級上位の走りを見せるようになっている。
休養明けの前走で2着に好走し、今回はもちろん先頭でのゴールが期待される。
実力は五分とみるが、人気のエイシンカラットが楽に逃げられそうなのが怖いか。

続いて木幡家次男のルーキー木幡巧也騎手は新潟3R未勝利ミュゼリバイアサンが有力。
こちらもデビュー以来着実に力をつけてきており、前走は0.6秒差の3着。
鞍上の勢いと減量の力を借りて初勝利を目指す。
おそらく逃げると思われるが、上位人気馬がこぞって前に行くタイプで、道中の位置取りにも注目。

少し期待値が低くなる感はあるが、西村太一騎手は新潟8R500万円以下バイタルフォルムに騎乗。
なかなか成績の安定しない馬だが、すんなりダートで逃げた時にはしぶとさを発揮する。
今回は逃げたい馬が多く、展開面での不安はあるが、前回程度のパフォーマンスが見せられれば上位の力はある。
西村騎手にとっても久々に鞍上が戻ってきた今回のチャンスで結果を出したいところ。

なお、天皇賞にはヤマニンボワラクテが出走するが、藤懸貴志騎手が騎乗停止中のため、鞍上は丸山元気騎手となっている。残念。