読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/4/30のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/4/30のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

初勝利が待たれる菊沢一樹騎手、明日の注目は東京7R500万円以下で騎乗するダイワブレイディ
約3年間勝ち星から遠ざかっている6歳馬だが、ここ2戦好調で前走も菊沢騎手が騎乗してタイム差無しの3着。
このクラスにしてはかなり強力なメンバーが揃ったが、逃げる馬がはっきりしているだけに、先行抜け出しの自分の形での競馬はしやすいだろう。
かつては上級条件で連対した経験もある馬だけに本調子に戻れば十分勝機はある。

弟の活躍にやや影が薄くなっているが、明日は木幡初也騎手にも久々の勝利のチャンスあり。
新潟7R500万円以下ストロングトリトンに騎乗する。
昨年末から競馬が一変して、現級なら安定して上位の走りができるようになってきた。
メンバーがかなり楽になる今回きっちり決めたいところだが、大外だけにスムーズに好位につけられるかがカギになりそう。
弟の木幡巧也騎手も上位人気予想のサビーナクレスタに騎乗で、こちらは逃げることになりそう。
ゴール前での兄弟の一騎打ちにも期待したい。

今年好調の長岡禎仁騎手は新潟5R未勝利で騎乗するヴィクトワールピサ産駒のエーデルメイシュが有力。
ダートでの惨敗から、前走は芝に初挑戦し、いきなり0.4秒差の5着に好走。
今回はかなり手薄なメンバーでここなら確勝級にも見えるが、ここでも木幡巧也騎手のアイアンマンが不気味だったりする。

木幡巧也騎手は他にもモズワッショイアマリリスなどの有力馬に騎乗予定があり、今年の新潟開催では台風の目になりそうだ。