読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/3/19~2016/3/21のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

今週は変則2場3日の開催となったが、この開催日程では上位騎手が3日間全国を飛び回って騎乗することができるので、マイナー騎手には通常週よりさらに有力馬が集まりにくくなる。
今週もその影響を大きく受け、平地で1番人気に支持された馬は0頭であった。

厳しい条件の中、唯一平地レース勝利を上げたのは今年好調の長岡禎仁騎手。
土曜日の中京7R500万円以下で人気薄のスズカプリオールを勝利に導いた。
道中は中団からレースを進めて、コーナーからじわじわと前進、残り200mから一気に伸びて、粘りこみをはかるディグニファイドを差しきり、外から追い上げるオープンザウェイを振り切った。
長岡騎手は今年早くも6勝目で、これで3週連続勝利と絶好調。
今年の単勝回収率は370%を越え、これは全ジョッキーのなかでもトップ。手のつけられない状態になっている。

藤田菜七子騎手が挑戦したスプリングステークスをはじめ、重賞では4鞍に騎乗があったが、残念ながら特に見せ場を作ることはできなかった。