読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/3/20のマイナージョッキー騎乗情報

・2016/3/20のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

変則開催2日目だが、マイナー騎手にとってはさらに厳しいラインナップとなってしまった。

順当に勝ち負けを期待できるような馬は見当たらないが、新人の森裕太朗騎手が騎乗する2鞍は一応チャンスありか。
まず阪神6R500万円以下で騎乗するのは希少なタガノゲルニカ産駒のタガノミルキー
ここに来てダート初挑戦は意外な感じもするが、血統を考えれば即通用しても不思議ではない。
タガノ冠らしいダート血統の馬ではあるが前走は芝OPで0.7秒差の9着に入っており、現級なら芝でも通用しそう。

もう1鞍は阪神8R500万下プリメラアスール。前走も森裕太朗騎手が騎乗して0.3秒差の6着。
決め手に欠ける感は否めないが、現級上位の力は持っている。
今回も混戦ムードだが最内を活かすような競馬ができればチャンスはありそう。

また、同じく新人の荻野極騎手は阪神5R未勝利ビービーブレスユーに騎乗。
前走は人気薄だったが、休養明けで一変し0.5秒差の6着、初勝利を射程圏に入れた。
今回も多頭数だが、実質勝負になりそうなのは半数程度。
抜けた馬も見当たらず、減量と最内を活かして大逆転の新人初勝利を狙いたい。

重賞はスプリングS藤田菜七子騎手がモウカッテルで、阪神大賞典には水口優也騎手がストロベリーキングで挑戦する。
スプリングSモウカッテルは常識的には厳しいが、弥生賞に比べるとメンツが2,3枚、いや3,4枚落ちる感じはある。
一縷の望みがあるとすれば、やはり無欲の逃げがハマったときぐらいだろうか。
最近はずっとダートを走っているストロベリーキングがなんと水口騎手と阪神大賞典に挑戦。
たまにダート馬が長距離重賞で好走することはあるが、長距離実績は去年の万葉ステークス0.7秒差の7着程度。
ハーツクライにどこまで可能性を見出だせるか。