読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

2016/3/12~2016/3/13のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

日曜日の中京11Rトリトンステークス森一馬騎手のラインスピリットが優勝。
好スタートからスムーズに番手につけてレースを進め、直線では1番人気のトーキングドラムとの叩き合いを1馬身振り切ってゴールした。
森一馬騎手は今年2勝目で今日が23歳の誕生日。見事にメインレースの勝利で飾った。

藤懸貴志騎手は土日で1勝ずつ。
土曜日中京8R500万円以下ではトウカイインパルスを、日曜日中京3R未勝利ではサンキューをともに積極的な騎乗で勝利に導いた。
特にサンキューはダートに変わって一変し、2着以下を7馬身引き離す圧巻の走りであった。

他には長岡禎仁騎手、木幡初広騎手、嘉藤貴行騎手も平地のレースで勝利をあげ、石神深一騎手は障害レースで2連勝を飾った。

また、藤懸貴志騎手は重賞中日新聞杯にもヤマニンボワラクテで挑戦。
好スタートから好位置につけ、直線半ばで先頭に立つ見せ場十分のレースだったが、ゴール手前でサトノノブレス以下に飲まれ0.2秒差の4着だった。
しかしG3なら十分に通用するところを見せ、藤懸騎手の重賞初制覇も現実味を帯びてきた。