マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

競走馬血統検索Webアプリの紹介

競走馬血統検索Webアプリ Ver1.xx

血統から競走馬一覧や産駒の傾向を検索できるWebアプリを作りました。

よろしければご活用ください。

f:id:mikeera2:20160430231417p:plain

2017/11/18~2017/11/19のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

今週はベテランから若手まで割と満遍なく多くの騎手が勝利をあげた。
また、メインレース勝利から今年の初勝利まで何気にトピックの多い開催となった。

<11/18(土) 福島11R フルーツラインカップ(10下) 芝2600 鮫島良太×メイショウキトラ(6歳・牡) 1着/16頭(9人気)>
まず土曜日福島のメインレースフルーツラインカップ(10下)で9番人気のメイショウキトラを持ってきたのが鮫島良太騎手。
道中は後方に控えていたが2周目中ほどからロングスパートを開始、直線入り口で先団にとりつき、混戦のゴール前をクビ差抜け出した。
鮫島良騎手はこれが今年の10勝目となり、2014年以来の年間2ケタ勝利に到達した。
若手時代は重賞の常連でもあった騎手だけに、もう一度大きな舞台で活躍する姿を見たいところ。


<11/19(日) 東京6R 新馬 芝1400 嶋田純次×ロードライト(2歳・牝) 1着/15頭(8人気)>
一方、待望の今年初勝利をあげたのが7年目の嶋田純次騎手。日曜日の東京6R新馬ロードライトを勝利に導いた。
好スタートからすんなり好位につけたロードライトは内々をまわって直線入り口で早々と先頭に立つ。
直線ではマートルリースとの長い長い叩き合いになったものの、最後はクビ差競り落として見事にデビュー戦を勝利で飾った。
嶋田純次騎手は今年はなかなか初勝利が遠く、初の年間未勝利にリーチがかかっていたもののここに来て何とか未勝利脱出を果たした。
近年はなかなか馬質にも恵まれず厳しい結果が続いているが、まだまだ若手だけに腐らずがんばってもらいたい。


今週の平地レースでは他に岡田祥嗣小坂忠士田中健藤懸貴志菊沢一樹(2勝)、武藤雅横山武史と多くの騎手が勝利をあげる開催となった。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

2017/11/19のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/11/19のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

本日の福島メインでは鮫島良太騎手騎乗のメイショウキトラが9番人気ながら鮮やかな差し切り勝ちを飾った。
明日も福島開催では各騎手に有力な騎乗馬が多く好走を楽しみにしたい。

<◎11/19(日) 福島8R 500万円以下 ダ1150 藤田菜七子×サイモンゼーレ(4歳・牡)>
本日の開催では勝利をあげられなかったものの、藤田菜七子騎手は明日も楽しみな乗鞍が揃っている。
ほぼ全乗鞍でチャンスがありそうだが、中でも福島8R500万円以下で騎乗するサイモンゼーレは圧倒的人気に推されそう。
重賞やOPでも好走経験のある実績馬だがなかなか2勝目が遠く現在は500万円以下でレースをしている。
さすがにこのクラスまで降りてくると実力上位で、降級後は2戦連続2着と好走を続け、久しぶりの勝利を目指す一戦となる。
今回ははっきり相手関係にも恵まれて、ひょっとすると藤田騎手初の単勝1倍台での出走ということになるかもしれない。
きっちり先頭でゴールして3年目に向けてアピールを続けたいところ。


<◎11/19(日) 京都4R 未勝利 芝1200 岡田祥嗣×ヤマニンルネッタ(2歳・牝)>
最近はなかなかチャンスに恵まれていなかったベテラン勢だが、明日京都4R未勝利岡田祥嗣騎手が騎乗するヤマニンルネッタは要注目。
デビュー以来5戦を走って2着1回3着4回と口惜しい競馬が続いている。
これまでは田中健騎手が全てのレースで手綱を取っていたが、今回は岡田騎手に乗り替わりとなった。
ケイココサージュなど今回も未勝利なりに相手が揃った感はあるが、それほど決め手のある馬は見当たらず、能力的にも一枚上と見て良さそう。
2走前の逃げ粘りにはなかなか目を見張るものがあったので、上位人気ではあるが今回も積極的なレースを期待したい。


<○11/19(日) 福島11R 福島民友カップ(OP) ダ1700 鮫島良太×ダンツプリウス(4歳・牡)>
本日、見事に福島メインレースを勝利した鮫島良太騎手だが明日の福島メイン福島民友カップ(OP)にも重賞馬ダンツプリウスで参戦の予定があり、2日連続メインレース勝利という可能性もありそうだ。
ダンツプリウスは去年のニュージーランドトロフィーの勝ち馬で今回が初のダート戦となる。
実際の適性は未知数だが、ブライアンズタイム産駒ということで血統的にはパワーのいる馬場は苦にしないはず。
先手争いが勝敗に影響しやすいコースで、初ダートとはいえスタートで出負けしないことがまずカギになりそう。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


2017/11/18のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/11/18のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

今週はマイルチャンピオンシップだが、やはり参戦するマイナー騎手はゼロ。
2歳G1には誰かしらの参戦があると嬉しいが、今年はミルファーム馬の活躍もあまりなく、あまり期待しないほうがいいだろうか。


<◎11/18(土) 福島3R 未勝利 芝1200 藤田菜七子×プリンシアブラスカ(2歳・牝)>
先週、騎乗停止明け早々勝ち星をあげた藤田菜七子騎手、明日の開催でも多数の有力馬を集めて、2週連続勝利を目指す。
まず福島3R未勝利で騎乗するプリンシアブラスカ。前走は芝に転向して新潟直千戦で0.1秒差の3着。
今回はメンツ的にもかなり楽そうで、3戦連続2着のクイーンズテソーロとの実質一騎打ちと見て良さそう。
相手が大外に入っただけに積極的に主導権を奪って立ち回りたいが果たして。


<◎11/18(土) 福島6R 500万円以下 ダ1150 藤田菜七子×クーリュ(3歳・牝)>
<◎11/18(土) 福島6R 500万円以下 ダ1150 横山武史×ナガラブルボン(6歳・牡)>
続いて福島6R500万円以下では藤田菜七子騎手はクーリュに騎乗して参戦する。
前走は同級戦を柴田善臣騎手が騎乗して0.4秒差の2着。
格上挑戦のアネモネステークスでは跳ね返されたものの、現級のダート戦に戻ってからは堅実に上位の走りを見せている。
今回は大幅な距離短縮となるが、デビュー戦はスプリント戦で勝利をあげており、むしろプラス材料かもしれない。
はっきりと先行馬有利なコースだけに、大胆な騎乗を身上とする鞍上との相性も良さそうだ。
同レースではルーキーの横山武史騎手が騎乗するナガラブルボンにも注目。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


17/11/10~17/11/16のマイナー騎手関連ニュース


植野貴也関連のニュース
2017/11/12 【京都ジャンプS】マイネルフィエスタ、3年半ぶり勝利で重賞初制覇 - スポーツ報知

黒岩悠関連のニュース
2017/11/16 【ジャパンC】キタサンブラック3頭併せで最先着 - サンケイスポーツ

田中健関連のニュース
2017/11/10 【前走後の談話】土曜福島11R・福島放送賞 - サンケイスポーツ
2017/11/11 【前走後の談話】日曜京都10R・観月橋S - サンケイスポーツ

国分優作関連のニュース
2017/11/12 【デイリー杯2歳S】レースを終えて…関係者談話 - サンケイスポーツ

水口優也関連のニュース
2017/11/10 【マイルCS】ペルシアンナイト直線伸び脚上々 水口「上積みある」 - デイリースポーツ

藤田菜七子関連のニュース
2017/11/12 藤田菜七子、騎乗停止明け2戦目で勝利 通算13勝 - 日刊スポーツ

川又賢治関連のニュース
2017/11/12 川又騎手が開催6日間の騎乗停止 - サンケイスポーツ

武藤雅関連のニュース
2017/11/12 【東京5R新馬戦】エトナ初陣V 栗田博師驚き「サンデーサイレンスの血かな」 - スポニチアネックス
2017/11/13 【POG】エトナ指揮官もビックリの初陣V「私が一番驚いています」 - デイリースポーツ
2017/11/16 ゴールドアクターの全妹ゴールドシスターなどがデビュー/新馬戦 - netkeiba.com
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

~2017/11/12時点の連敗騎手ランキングおよび本年未勝利騎手

<連敗騎手ランキング>(~2017/11/12)
 1 △伴啓太 157連敗中(+5)(自己ワースト:171) 0-4-4-2-7-140 17/4/30~
 2 小島太一 149連敗中(0)(自己ワースト:149) 0-5-2-6-8-128 13/3/9~
 3 嶋田純次 134連敗中(+4)(自己ワースト:134) 0-2-4-5-5-118 16/9/18~
 4 西村太一 111連敗中(+2)(自己ワースト:114) 0-2-3-3-1-102 16/10/15~
 5 武士沢友治 100連敗中(+8)(自己ワースト:174) 0-1-4-5-2-88 17/8/13~
 6 ☆義英真 99連敗中(0)(自己ワースト:115) 0-1-4-6-4-84 17/6/11~
 7 高野和馬 96連敗中(+1)(自己ワースト:274) 0-3-2-5-5-81 16/2/6~
 7 平野優 96連敗中(0)(自己ワースト:232) 0-2-3-6-5-80 15/10/12~
 9 長岡禎仁 75連敗中(+7)(自己ワースト:103) 0-3-4-2-4-62 17/2/25~
 10 江田照男 73連敗中(+11)(自己ワースト:158) 0-3-2-5-6-57 17/9/17~
 11 嘉藤貴行 72連敗中(+7)(自己ワースト:278) 0-0-2-2-4-64 17/7/30~
 12 ▲三津谷隼人 69連敗中(+6)(自己ワースト:99) 0-3-1-0-2-63 17/8/19~
 13 横山和生 68連敗中(+5)(自己ワースト:100) 0-3-2-2-2-59 17/8/27~
 14 荻野琢真 64連敗中(+2)(自己ワースト:100) 0-1-4-1-1-57 17/6/18~
 14 藤懸貴志 64連敗中(+4)(自己ワースト:159) 0-1-3-5-2-53 17/8/19~
 16 柴田善臣 63連敗中(+15)(自己ワースト:132) 0-5-5-4-8-41 17/9/24~
 17 伊藤工真 56連敗中(+2)(自己ワースト:131) 0-1-3-2-1-49 17/4/9~
 18 西田雄一郎 54連敗中(+7)(自己ワースト:241) 0-3-3-6-1-41 17/9/2~
 19 国分優作 52連敗中(+7)(自己ワースト:184) 0-0-1-2-4-45 17/7/23~
 20 松若風馬 51連敗中(+13)(自己ワースト:53) 0-2-4-5-2-38 17/10/21~

(先週連敗を止めた騎手)
武藤雅 104連敗でストップ (自己ワースト:104)
三浦皇成 59連敗でストップ (自己ワースト:96)

<本年未勝利騎手>(残り8人)
嶋田純次(104戦)  ・西村太一(78戦)  ・高野和馬(49戦)
竹之下智昭(36戦)  ・小島太一(36戦)  ・田村太雅(35戦)
平野優(35戦)  ・横山義行(0戦)  

(先週今年初勝利を上げた騎手)

なし

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

2017/11/11~2017/11/12のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

国分優作騎手が最下位人気の馬を重賞で5着に持ってきたものの、全体的には今週のマイナー騎手の成績は低調。
さすがにローカルにまで外国人騎手が参戦してくるような状況ではチャンスをつかむこと自体がなかなか難しい。


<11/12(日) 福島2R 500万円以下 ダ1700 藤田菜七子×シトロプシス(4歳・牝) 1着/15頭(5人気)>
そんな中、4日間の騎乗停止明け早々に勝利を上げたのが2年目の藤田菜七子騎手。
日曜日の福島2R500万円以下シトロプシスを勝利に導いた。
道中は後方に位置していたシトロプシスだが早めに進出を開始して、コーナーで一団となった先行集団にとりつく。
直線で大外に持ち出してからはメンバートップの脚で追い込んで、大混戦のゴール前の争いをハナ差制した。
逃げるにせよ追い込むにせよ思い切った騎乗の多い藤田騎手らしい快勝でJRA女性騎手としての勝利記録を13に伸ばした。


<11/12(日) 東京5R 新馬 芝1600 武藤雅×エトナ(2歳・牡) 1着/11頭(7人気)>
ルーキーの勝ち頭、武藤雅騎手が久しぶりの勝利。
日曜日の東京5R新馬ロードカナロア産駒のエトナをデビュー戦で勝利に導いた。
エトナは好スタートからスムーズに2番手につけて、逃げ馬をマークしながら楽な手応えで周回する。
直線でも逃げたベストミライの脚がとまらずやや苦労したものの、最後は武藤騎手の渾身の右ムチに応えてぐいっと抜け出し、見事にデビュー戦を勝利で飾った。
武藤騎手は実に105戦ぶりの勝利で連敗を脱出して今年の19勝目。
JRA新人最多勝利騎手の条件である30勝到達は厳しくなったがここから再び調子をあげていってもらいたい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村