マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

競走馬血統検索Webアプリの紹介

競走馬血統検索Webアプリ Ver1.xx

血統から競走馬一覧や産駒の傾向を検索できるWebアプリを作りました。

よろしければご活用ください。

f:id:mikeera2:20160430231417p:plain

2017/9/24のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/9/24のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

秋競馬はまだまだ中央二場開催が続き、マイナー騎手にとっては乗鞍の量、質ともに厳しい開催が続く。
そんな中にあって明日の開催では意外な騎手にチャンスがまわってきたようだ。


<◎9/24(日) 中山7R 500万円以下 芝1200 小島太一×サンマルバロン(5歳・騙)>
有力馬どころか乗鞍を確保することすら厳しいジョッキーが多い中、小島太一騎手が明日の中山7R500万円以下で騎乗するサンマルバロンは大いにチャンスがありそう。
小島騎手のほぼ唯一のお手馬と言える存在の同馬だが、今年の夏から久しぶりに芝レースに転向してここまで8→5→4着。
着順もパフォーマンスも確実に上げてきており、今回は上位争いに加わってきそう。
最近は後ろから差し脚を伸ばしてくるレースが多いが、最内枠に入った今回は逃げないまでも積極的なレースを仕掛けるのもおもしろそう。
小島騎手にとっては実に4年半ぶりの勝利を目指す一戦となる。


<△9/24(日) 中山9R 芙蓉ステークス(OP) 芝2000 武藤雅×ノーブルバルカン(2歳・牡)>
先週勝利をあげることができず連勝記録が止まってしまったルーキーの武藤雅騎手だが今週も騎乗馬の質は上々。
中山12Rのアサクサレーサーが有力だが、9Rの2歳OP芙蓉Sにも騎乗予定があり注目してみたい。
騎乗予定のノーブルバルカンはデビュー戦の前走11番人気ながら先行抜け出しの強い内容で勝利
父:メイショウサムソン、母父:マヤノトップガンという重厚な血統でも注目されている。
重賞2着のファストアプローチ、超良血馬トゥザフロンティアなど少頭数とはいえ相手は手強いが、メンバー中唯一2000mを経験し、さらに勝利しているのは大きなアドバンテージになるはず。
前走のパフォーマンスも決して他馬にヒケをとるものでなく、この舞台での大物食いに期待したい。


<・9/24(日) 阪神11R 神戸新聞杯(G2) 芝2400 藤懸貴志×タガノヤグラ(3歳・牡)>
明日の阪神メイン重賞神戸新聞杯(G2)には藤懸貴志騎手がタガノヤグラで出走する。
前走で未勝利を勝ち上がったばかりの馬で常識的に考えればさすがにここは敷居が高い。
無理やり強みを探せば2400m以上のレースではすべて3着以内という長距離適性だが、歴戦の強者相手にどこまで通用するか。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


2017/9/23のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/9/23のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

短評割愛させていただきます(._.)


17/9/15~17/9/21のマイナー騎手関連ニュース

林満明関連のニュース
2017/09/16 【阪神ジャンプS】アップトゥデイト貫禄V 障害重賞4勝目「久々に勝てて良かった」 - スポニチアネックス
2017/09/17 【阪神ジャンプS】アップ重賞4勝目!佐々木師は500勝達成 - スポニチアネックス
2017/09/17 【阪神ジャンプS】アップトゥデイト重賞4勝目 中山大障害に照準 - デイリースポーツ

木幡育也関連のニュース
2017/09/15 木幡育が禁止薬物使用で騎乗停止処分 利尿剤検出「母親からもらったものを使用」 - デイリースポーツ
2017/09/15 木幡育也1カ月騎乗停止、薬物検査で利尿剤検出 - 日刊スポーツ
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

~2017/9/18時点の連敗騎手ランキングおよび本年未勝利騎手

<連敗騎手ランキング>(~2017/9/18)
 1 小島太一 142連敗中(+2)(自己ワースト:142) 0-5-2-6-7-122 13/3/9~
 2 田中健 135連敗中(+4)(自己ワースト:135) 0-4-4-9-10-108 17/3/19~
 3 △伴啓太 128連敗中(+4)(自己ワースト:171) 0-3-2-2-4-117 17/4/30~
 4 嶋田純次 108連敗中(0)(自己ワースト:108) 0-2-3-3-5-95 16/9/18~
 5 西村太一 105連敗中(+3)(自己ワースト:114) 0-2-3-3-1-96 16/10/15~
 6 平野優 93連敗中(+1)(自己ワースト:232) 0-2-3-6-4-78 15/10/12~
 7 ☆義英真 89連敗中(+6)(自己ワースト:115) 0-1-4-5-4-75 17/6/11~
 8 高野和馬 86連敗中(0)(自己ワースト:274) 0-2-2-3-5-74 16/2/6~
 9 ☆井上敏樹 79連敗中(+6)(自己ワースト:190) 0-1-5-4-3-66 17/7/22~
 10 ▲野中悠太郎 68連敗中(+12)(自己ワースト:125) 0-3-3-1-6-55 17/8/6~
 11 ▲横山武史 59連敗中(+16)(自己ワースト:59) 0-1-2-7-4-45 17/8/19~
 12 ☆岩崎翼 58連敗中(+14)(自己ワースト:98) 0-2-3-4-3-46 17/8/20~
 13 小林徹弥 55連敗中(0)(自己ワースト:132) 0-1-2-0-0-52 17/2/11~
 14 田中勝春 51連敗中(+8)(自己ワースト:114) 0-3-2-3-2-41 17/8/19~
 14 太宰啓介 51連敗中(+2)(自己ワースト:112) 0-3-4-2-2-40 17/7/30~
 16 荻野琢真 50連敗中(+2)(自己ワースト:100) 0-0-3-0-1-46 17/6/18~
 17 竹之下智昭 47連敗中(0)(自己ワースト:90) 0-2-5-3-2-35 16/10/10~
 18 伊藤工真 46連敗中(+1)(自己ワースト:131) 0-1-3-1-1-40 17/4/9~
 18 川須栄彦 46連敗中(+6)(自己ワースト:83) 0-2-3-1-2-38 17/8/13~
 20 長岡禎仁 42連敗中(+2)(自己ワースト:103) 0-2-2-2-2-34 17/2/25~

(先週連敗を止めた騎手)
江田照男 158連敗でストップ (自己ワースト:158)
勝浦正樹 62連敗でストップ (自己ワースト:120)
藤岡佑介 57連敗でストップ (自己ワースト:73)

<本年未勝利騎手>(残り9人)
嶋田純次(78戦)  ・西村太一(72戦)  ・高野和馬(39戦)
竹之下智昭(35戦)  ・平野優(32戦)  ・小島太一(29戦)
田村太雅(28戦)  ・黒岩悠(27戦)  ・横山義行(0戦)


(先週今年初勝利を上げた騎手)
なし
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

2017/9/16~2017/9/18のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

セントライト記念ではこれまですべてのレースで菊沢一樹騎手が手綱をとってきたミッキースワロー勝利
同じ日に中山競馬場にいた菊沢騎手としてみれば複雑な思いもあったでしょうが、これをバネにもう一段階飛躍してもらいたいと思います。


<9/16(土) 阪神1R 未勝利 ダ1200 小坂忠士×ヤマニンレジスタ(2歳・牡) 1着/14頭(5人気)>
中央二場開催の厳しい条件の中で、数少ないチャンスで結果を残したのは小坂忠士騎手。
平地、障害の両方のレースをこなす数少ない現役ジョッキーだが、今週は土曜日の阪神1R未勝利、平地レースでヤマニンレジスタを初勝利に導いた。
ヤマニンレジスタはスタート直後から気合をつけてハナを奪いレースを先導、最後の直線では1番人気のバイラにとらえられそうになるところをもう一伸びして競り落とし初勝利を飾った。
小坂騎手はこれが今年の4勝目で平地と障害ともに2勝ずつ。
特に今月に入ってからは平地での騎乗機会も増えており、秋競馬でどのような成績を残せるか注目してみたい。


<9/18(祝) 中山1R 未勝利 ダ1800 宮崎北斗×マイネルアンファン(2歳・牡) 1着/14頭(6人気)>
夏競馬で多くの穴馬を馬券圏内に持ってきて台風の目的な存在になっていた宮崎北斗騎手も3週間ぶりの勝利
月曜日の中山1R未勝利マイネルアンファンを初勝利に導いた。
道中は先頭集団中の後ろでじっと脚をためて3コーナーから一気に進出開始。
直線で同冠のマイネルサリューエの激しい斜行を受けて2番手入線となったが、審議の結果、マイネルサリューエ降着となり思わぬ形での勝利となった。
宮崎騎手はこれで今年3勝目。勝ち星こそあがっていないものの複勝回収率は175%と全ジョッキー中でも屈指の数字を残しており、秋競馬でも大いに引っ掻き回してもらいたい。

平地レースでは他に杉原誠人騎手とルーキーの富田暁騎手も勝利をあげた。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

2017/9/18のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/9/18のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

明日のセントライト記念にはこれまで全レースで菊沢一樹騎手が手綱を握ってきたミッキースワローが出走するものの鞍上は横山典弘騎手に乗り替わり。
菊沢騎手はG1の騎乗資格がないので仕方ないところはあるのかなと思うのですが残念です。
それで他の有力馬を見てみると、アルアインは松山騎手からルメール騎手へ。サトノクロニクルも川田騎手からデムーロ騎手へ乗り替わり。
今日のローズステークスでは和田騎手が意地を見せてくれましたが、この状況ではなかなか若手騎手に素直に頑張れとは言いにくいですねぇ。


<◎9/18(祝) 阪神12R 500万円以下 ダ1800 三津谷隼人×ブリーズスズカ(4歳・牡)>
阪神開催は引き続き台風の影響が心配されるが、予定通りの開催なら三津谷隼人騎手が阪神12R500万円以下で騎乗するブリーズスズカが楽しみ。
元々1000万下条件を走っていた馬で降級後は安定して上位の走りを見せている。
隣枠のカレンカカや前走一変のデスティネイションあたりが相手だが、重馬場のスピード勝負になればこの馬に一日の長がある。
三津谷騎手は明日はこの一鞍のみとなるが一鞍入魂の騎乗に期待したい。


<◎9/18(祝) 中山8R 500万円以下 ダ1200 武藤雅×レアドロップ(4歳・牝)>
続いて今年の新人リーディングでは独走状態で現在6週連続勝利中の武藤雅騎手。
二日間の騎乗停止の裁定を明けて、明日から早々と実戦復帰となる。
先週のエントリで今週の騎乗はできないと書いてしまいましたが、三日間開催ということを失念しておりました。大変失礼いたしました。
そして今週、連続勝利記録継続を託すのが中山8R500万円以下で騎乗するレアドロップ
最近は芝を走ったりでなかなか成績が安定しなかったもののこの条件に戻れば地力上位。
前走中央のレースで掲示板入りしたのもこの馬と大外のカキツバタチグサのみと相手関係にも恵まれており、使い詰めながら期待度は高い。


<○9/18(祝) 中山3R 未勝利 芝2000 宮崎北斗×マイネルシクザール(2歳・牡)>
あとは宮崎北斗騎手が中山3R未勝利で騎乗する大型馬マイネルシクザールもどんどん調子を上げており期待。
前走は一番人気スターフィールドの末脚に屈したものの、好位から正攻法の競馬で2着に粘り込んだ。
二戦目のプロトスターウインイノベーダーあたりとの争いになるが、こちらもまだまだ仕上がり途上の馬体で絞れてくれば更に期待。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村