読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

競走馬血統検索Webアプリの紹介

競走馬血統検索Webアプリ Ver1.xx

血統から競走馬一覧や産駒の傾向を検索できるWebアプリを作りました。

よろしければご活用ください。

f:id:mikeera2:20160430231417p:plain

2017/5/28のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/5/28のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

明日はついにダービーウィーク。しかし、我々のメインレースは京都10R安土城ステークスにほかならない!
ダービーの恩恵で京都開催ではマイナー騎手にも有力乗鞍複数あり。期待したい。

<◎5/28(日) 京都5R 500万円以下 ダ1200 中井裕二×オールドベイリー(3歳・牡)>
最近、有力馬の乗鞍に恵まれている中井裕二騎手だが、明日は京都5R500万円以下で騎乗するオールドベイリーに注目。
C.ルメール騎手が騎乗した前走は休養明けながら0.2秒差の3着に好走。実質的に昇級初戦だったが、このクラスでも通用するところを見せた。
前走先着を許した隣枠のエッシャーは強敵だが成長力を考えれば逆転の目も十分ありそう。
最内枠から積極的な騎乗で勝ち上がりを目指したい。

<◎5/28(日) 京都12R 與杼特別(10下) ダ1800 藤懸貴志×ヴァローア(5歳・牝)>
続いて京都12R與杼特別(10下)藤懸貴志騎手が騎乗するヴァローアも有力。
前走は0.2秒差の5着とこのクラスでも安定して上位争いを続けられるようになってきた。
今回は前走強烈な逃げ切り勝ちで昇級してきたディープオーパスを巡っての争いになりそうだが、強力な差し脚を持つこの馬にとっては展開が向いてきそう。
内枠はやや不安だが好調の鞍上の馬群さばきに期待したい。

<◎5/28(日) 京都10R 安土城ステークス(OP) 芝1400 水口優也×セカンドテーブル(5歳・牡)>
我々のメインレース、京都10R安土城ステークスに出走するのはおなじみ水口優也騎手とセカンドテーブル
連覇が期待された前走の鞍馬ステークスは1番人気に支持されたものの折からの強風とハイペースがたたって11着に惨敗。
かなりイレギュラーなレースになってしまったことは確かで、本来の走りができれば再戦となる相手が多い今回も実績上位。
再び鞍上を任された今回は相当気合が入っているだろうが、前走同様ハイペースになる可能性が高い。
前回と同じ轍を踏まないよう落ち着いた騎乗で直線を迎えたい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


2017/5/27のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/5/27のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

今週はダービーウィークながら、さすがに東西中央二場開催ではマイナー騎手に有力馬はなかなかまわってこない。
特に明日の乗鞍は質、量とも小粒で、順当ならマイナー騎手全体でいくつ勝てるかという感じになりそう。

<○5/27(土) 京都2R 未勝利 ダ1800 川又賢治×ダンツブレーブ(3歳・牡)>
確勝級の乗鞍は見当たらないが、一番期待できそうなのはルーキーの川又賢治騎手が京都2R未勝利で騎乗するダンツブレーブか。
前走は1番人気に支持されたものの勝ち馬に0.5秒離された3着。それでも4着以下には10馬身離す走りで未勝利を突破できる力は見せた。
今回は前走で先着を許したメイショウハチクとここ2戦好パフォーマンスを見せているダンサクドゥーロとの三つ巴の様相。
馬質の割になかなか結果を出せず厳しい状況が続く川又騎手だが、そろそろ意地を見せて調教師やオーナーに恩返しがしたいところ。

<○5/27(土) 京都7R 500万円以下 ダ1400 藤懸貴志×サンキュー(4歳・牡)>
続いて京都7R500万円以下藤懸貴志騎手が騎乗するサンキューも注目。
ダート初挑戦で7馬身差の快勝を見せた未勝利戦以降、なかなか調子を取り戻せずにいたがここ数走でようやく本来の走りを取り戻してきた。
通常の開催なら文句なく上位評価だが、今回は外枠の牝馬を中心にかなり実力馬が揃ってしまった印象。
有力馬の脚質もバラバラでスキを見出すのも難しそうだがなんとか食らいついていきたい。

<▲5/27(土) 東京12R 1000万円以下 ダ1600 藤田菜七子×コパノアラジン(4歳・牡)>
東京開催では東京12R1000万円以下藤田菜七子騎手が騎乗するコパノアラジンに注目。
前走は藤田騎手を背に、まさに目の覚めるような快勝で長らく走り続けた500万下クラスを突破した。
今回は昇級初戦となるが、前走並のパフォーマンスを出せればここでも上位を争える力はある。
初の東京やマイル戦など課題も多いが藤田騎手との抜群の相性で潜在能力を引き出したい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


17/5/19~17/5/25のマイナー騎手関連ニュース

水口優也関連のニュース
2017/05/24 【ダービー】ペルシアンナイト上昇気配 - サンケイスポーツ
2017/05/24 【ダービー】ペルシアンナイト 池江師「全体的に良かったですね」 - スポニチアネックス

杉原誠人関連のニュース
2017/05/22 藤沢和師重賞100勝カリスマ性&相馬眼は人知超え - 日刊スポーツ
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

~2017/5/21時点の連敗騎手ランキングおよび本年未勝利騎手

<連敗騎手ランキング>(~2017/5/21)
 1 嘉藤貴行 259連敗中(+3)(自己ワースト:259) 0-7-16-14-6-216 16/9/11~
 2 小島太一 129連敗中(+1)(自己ワースト:129) 0-5-2-4-6-112 13/3/9~
 3 岩部純二 118連敗中(+8)(自己ワースト:148) 0-0-1-1-2-114 16/11/12~
 4 武士沢友治 101連敗中(+12)(自己ワースト:174) 0-2-4-6-5-84 17/2/19~
 5 西村太一 88連敗中(+1)(自己ワースト:114) 0-2-3-3-1-79 16/10/15~
 6 平野優 83連敗中(+1)(自己ワースト:232) 0-2-3-5-4-69 15/10/12~
 7 嶋田純次 77連敗中(+3)(自己ワースト:100) 0-1-3-3-2-68 16/9/18~
 8 宮崎北斗 75連敗中(+4)(自己ワースト:121) 0-3-4-2-3-63 17/1/21~
 9 高野和馬 74連敗中(+1)(自己ワースト:274) 0-2-2-3-4-63 16/2/6~
 10 原田和真 70連敗中(+4)(自己ワースト:128) 0-3-5-5-4-53 17/2/19~
 11 黛弘人 69連敗中(+8)(自己ワースト:289) 0-6-4-5-1-53 17/3/25~
 12 岡田祥嗣 63連敗中(+2)(自己ワースト:100) 0-3-9-2-7-42 17/1/7~
 13 ▲三津谷隼人 60連敗中(+8)(自己ワースト:99) 0-0-0-7-2-51 17/3/19~
 14 田中健 54連敗中(+4)(自己ワースト:115) 0-2-2-2-3-45 17/3/19~
 15 小野寺祐太 53連敗中(+2)(自己ワースト:250) 0-3-6-7-3-34 16/8/13~
 16 太宰啓介 50連敗中(+7)(自己ワースト:112) 0-2-1-2-4-41 17/4/16~
 17 水口優也 48連敗中(+5)(自己ワースト:130) 0-2-1-4-3-38 17/2/26~
 18 △城戸義政 47連敗中(+8)(自己ワースト:118) 0-4-1-4-1-37 17/4/15~
 19 ▲武藤雅 45連敗中(+13)(自己ワースト:58) 0-2-3-2-3-35 17/4/23~
 20 ☆木幡巧也 44連敗中(0)(自己ワースト:121) 0-6-4-8-4-22 17/4/15~

(先週連敗を止めた騎手)
江田照男 112連敗でストップ (自己ワースト:151)
石川裕紀人 74連敗でストップ (自己ワースト:74)
丸田恭介 61連敗でストップ (自己ワースト:102)
森裕太朗 65連敗でストップ (自己ワースト:67)

<本年未勝利騎手>(残り15人)
嘉藤貴行(140戦)  ・岩部純二(90戦)  ・西村太一(55戦)
嶋田純次(47戦)  ・小野寺祐太(32戦)  ・高野和馬(27戦)
平野優(22戦)  ・竹之下智昭(21戦)  ・大庭和弥(16戦)
小島太一(16戦)  ・黒岩悠(15戦)  ・田村太雅(12戦)
江田勇亮(10戦)  ・横山義行(0戦)  ・三浦皇成(0戦)


(先週今年初勝利を上げた騎手)
なし
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

2017/5/20~2017/5/21のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

東京競馬場オークスが開催された今週は、土日ともマイナー騎手にもそこそこの有力馬がまわってきていたものの、終わってみれば平地レースは1勝のみと不本意な結果に終わった。

<5/20(土) 新潟8R 500万円以下 ダ1800 菊沢一樹×モンストルコント(4歳・牡) 1着/15頭(8人気)>
今週の平地レースで唯一の勝利を挙げたのは2年目の菊沢一樹騎手。土曜日の新潟8Rの500万円以下で騎乗したモンストルコントを見事勝利に導いた。
モンストルコントは道中3~4番手の最内ぴったりを追走し、直線に向いて進路が開くとあっさり逃げ馬を交わして先頭に躍り出る。
早めに抜け出してからも菊沢騎手の気合のムチに応えて伸び続け、結局後続に1馬身半の差をつけると完勝で浜中俊騎手からの乗り替わりの一戦を白星で飾った。
菊沢騎手はこれで今年の7勝目となり、早々と昨年の勝ち星に並んだ。
分散買いの回収率も150%近い数字をあげており好調が続いている。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

2017/5/21のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/5/21のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

オークスに騎乗するマイナー騎手は現れなかったものの、重賞以外のOP条件レースではマイナー騎手に複数の有力馬がまわってきた。
田中健騎手がテイエムヒッタマゲで勝利した昇竜ステークス以来のOP戦勝利なるか期待したい。

<○5/21(日) 新潟11R 韋駄天ステークス(OP) 芝1000 西田雄一郎×ラインミーティア(7歳・牡)>
<▲5/21(日) 新潟11R 韋駄天ステークス(OP) 芝1000 中井裕二×ダンシングワンダー(5歳・牝)>
新潟メインの直千OP戦、韋駄天ステークスには多数のマイナー騎手が参戦するが、もっとも期待できそうなのはベテランの西田雄一郎騎手が騎乗するラインミーティアか。
前走の駿風ステークスでは0.5秒差の4着に敗れたものの、外枠の馬が上位を独占する中、外枠以外から唯一上位に食い込む走りを見せた。
今回は何と言っても待望の大外枠からの発走となり、2段階の昇級戦ながらハンデにも恵まれて実績馬とも十分伍して戦えそう。
出足が早いタイプではないだけに包まれる不安はあるが、直千名人の鞍上の手腕に期待したい。

同じく韋駄天ステークスでは中井裕二騎手が騎乗するダンシングワンダーもチャスがありそう。
こちらも前走は駿風ステークスを0.5秒差で走ってラインミーティアと同タイムの5着だった。
前走は人気を裏切ってしまったものの、新潟参戦2戦目で雪辱を期す一戦。
こちらも前走に引き続き外枠を引き当て、休養明け3戦目と前走から斤量-3kgで本来の出足が戻ればおもしろい。

他にも小野寺祐太藤田菜七子菊沢一樹と多くのマイナー騎手が参戦する楽しみな一戦となった。

<▲5/21(日) 京都10R 鳳雛ステークス(OP) ダ1800 国分優作×グランドディアマン(3歳・牡)>
京都10Rの 3歳OP鳳雛Sには国分優作騎手がグランドディアマンで参戦する。
前走は大野拓弥騎手が騎乗して伏竜ステークスを3着。勝ち馬には離されたもののまずまずの結果を残した。
3走前には先日兵庫チャンピオンシップを制したタガノディグオを下しており、少頭数戦の今回なら上位を争える力もありそう。
昨年夏からの長期連敗を脱して以降好調の国分優騎手の勝負強さに期待。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村