マイナー騎手から楽しむ中央競馬

前年10勝未満の騎手と新人騎手を応援するブログ

競走馬血統検索Webアプリの紹介

競走馬血統検索Webアプリ Ver1.xx

血統から競走馬一覧や産駒の傾向を検索できるWebアプリを作りました。

よろしければご活用ください。

f:id:mikeera2:20160430231417p:plain

2017/7/29のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/7/29のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

JRAから2019年以降の降級制度の廃止が発表されましたね。個人的には賛成です。
ヤラズが増えるという指摘もあるようですが、それに関しては現状でも大して変わらないような気がします。
もっと言えば単純に総獲得賞金でのクラス分けでいいと思うんですけどね。

<◎7/29(土) 札幌9R 500万円以下 ダ1700 横山武史×ヒルノサルバドール(4歳・牡)>
そして明日、降級した有力馬に騎乗予定があるのがルーキーの横山武史騎手。
札幌9R500万円以下で自身の初勝利を飾ったヒルノサルバドールに再び騎乗する。
その勝利をあげた前走は圧倒的一番人気に推されていたが、厳しいマークにあって、最後は完全に脚が上がっての冷や汗モノの勝利だった。
あの内容で勝ちきってしまうのだから能力は確かで、まともに走れば連勝の公算はかなり高そう。
唯一のライバルになりそうな同じく降級馬のドゥラリュールが久々の一戦でどこまで走ってくるか。

<◎7/29(土) 新潟2R 未勝利 ダ1200 菊沢一樹×ヴォルフスブルク(2歳・牡)>
今年既に2ケタ勝利をあげた好調の菊沢一樹騎手は明日は新潟2R未勝利で騎乗するヴォルフスブルクが有力。
デビュー戦大敗後の前走、ダート替わりで一変して2着に粘り込み、今回初勝利を目指す一戦となる。
パフォーマンス自体はもうひとつ物足りない感もあるが、今回はそれ以上にメンバーに恵まれた印象で上位人気に推されそう。
前走芝のデビュー戦で2着に入り、今回初ダートとなるシャインカメリアが唯一不気味か。

<◎7/29(土) 小倉2R 未勝利 ダ1700 藤懸貴志×サンライズチャージ(3歳・牡)>
なにげに今年の回収率が100%超えの好調をキープしている藤懸貴志騎手。明日は小倉2R未勝利で騎乗するサンライズチャージが有力。
デビュー以来7戦して6戦で掲示板圏内、5戦で馬券圏内、そして近走は3戦連続3着と安定感抜群ながらなかなか勝ちきれずにいる。
こちらも今回かなりメンバーに恵まれた感があり、順当なら和田竜二騎手騎乗のワンダーラジャとの一騎打ち濃厚な雰囲気。
メンバー構成とスピードの差で楽に先行できそうなのも○。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


17/7/21~17/7/27のマイナー騎手関連ニュース


水口優也関連のニュース
2017/07/21 【中京新馬戦】池江厩舎の“真打ち”トゥザフロンティア出陣 - スポニチアネックス

杉原誠人関連のニュース
2017/07/25 レジーナフォルテ適性高く一発ムード/アイビスSD - 日刊スポーツ
2017/07/26 【アイビスSD】レジーナフォルテ、斤量51キロが魅力!唯一の3歳牝馬が一発を狙う - スポーツ報知

伴啓太関連のニュース
2017/07/27 【アイビスSD】シンボリディスコ、使われて良化 - サンケイスポーツ

藤田菜七子関連のニュース
2017/07/22 展開を読む【福島11R=平均ペース】 - スポニチアネックス
2017/07/22 【今日のキラ星】フローラルシトラス - サンケイスポーツ
2017/07/23 菜七子、福島2Rは惜しくも頭差2着 - スポーツ報知
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

~2017/7/23時点の連敗騎手ランキングおよび本年未勝利騎手

<連敗騎手ランキング>(~2017/7/23)
 1 黛弘人 138連敗中(+13)(自己ワースト:289) 0-9-9-9-4-107 17/3/25~
 2 小島太一 135連敗中(0)(自己ワースト:135) 0-5-2-5-6-117 13/3/9~
 3 宮崎北斗 124連敗中(+6)(自己ワースト:124) 0-4-7-6-8-99 17/1/21~
 4 西村太一 97連敗中(+1)(自己ワースト:114) 0-2-3-3-1-88 16/10/15~
 5 嶋田純次 93連敗中(0)(自己ワースト:100) 0-2-3-3-4-81 16/9/18~
 6 江田照男 91連敗中(+10)(自己ワースト:151) 0-3-6-3-11-68 17/5/21~
 7 田中健 90連敗中(+2)(自己ワースト:115) 0-3-3-6-6-72 17/3/19~
 8 平野優 88連敗中(0)(自己ワースト:232) 0-2-3-5-4-74 15/10/12~
 9 高野和馬 81連敗中(+1)(自己ワースト:274) 0-2-2-3-4-70 16/2/6~
 10 西田雄一郎 75連敗中(+6)(自己ワースト:241) 0-1-4-9-6-55 17/4/29~
 11 鮫島良太 72連敗中(+5)(自己ワースト:110) 0-4-5-3-5-55 17/4/15~
 11 △伴啓太 72連敗中(+6)(自己ワースト:171) 0-3-0-1-1-67 17/4/30~
 13 丸田恭介 67連敗中(+15)(自己ワースト:102) 0-5-2-7-4-49 17/6/24~
 14 吉田豊 62連敗中(+17)(自己ワースト:114) 0-3-6-2-9-42 17/6/25~
 15 小野寺祐太 61連敗中(+1)(自己ワースト:250) 0-4-7-9-3-38 16/8/13~
 16 ▲富田暁 60連敗中(+11)(自己ワースト:60) 0-3-0-0-2-55 17/5/28~
 17 ▲藤田菜七子 56連敗中(+12)(自己ワースト:120) 0-2-3-3-4-44 17/5/27~
 18 小林徹弥 47連敗中(+3)(自己ワースト:132) 0-1-1-0-0-45 17/2/11~
 19 江田勇亮 44連敗中(+1)(自己ワースト:100) 0-1-4-2-3-34 16/5/21~
 20 川島信二 42連敗中(+2)(自己ワースト:135) 0-4-3-5-1-29 17/5/6~

(先週連敗を止めた騎手)
原田和真 86連敗でストップ (自己ワースト:128)
太宰啓介 58連敗でストップ (自己ワースト:112)
松山弘平 65連敗でストップ (自己ワースト:91)

<本年未勝利騎手>(残り13人)
西村太一(64戦)  ・嶋田純次(63戦)  ・小野寺祐太(40戦)
高野和馬(34戦)  ・竹之下智昭(28戦)  ・平野優(27戦)
大庭和弥(23戦)  ・小島太一(22戦)  ・黒岩悠(21戦)
江田勇亮(19戦)  ・田村太雅(19戦)  ・横山義行(0戦)
三浦皇成(0戦)  

(先週今年初勝利を上げた騎手)
なし
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

2017/7/22~2017/7/23のマイナージョッキー騎乗成績

・今週のマイナージョッキー騎乗成績(クリックで開きます)

今週もマイナー騎手のうち実に10人が勝利を上げる大活躍の週末に。
中でもデビュー数年の若手騎手の活躍がめざましく、夏競馬をきっかけにおおいに飛躍してもらいたい。

<7/22(土) 福島2R 未勝利 ダ1700 菊沢一樹×ハナサキ(3歳・牝) 1着/15頭(2人気)>
今週の開催で、間違いなくデビュー以来最高レベルの騎乗馬を集めたのが2年目の菊沢一樹騎手。
その初っ端の土曜日福島2R未勝利で2番人気のハナサキをきっちり勝利に導いた。
ハナサキは抜群のスタートから楽に先頭を奪って注文通りの展開に持ち込む。
直線では競りかけてきた1番人気のフルオブグレースを突き放す強い内容で見事に初勝利を飾った。
この勝利で菊沢騎手は今年早くも2ケタの10勝に到達。
昨年デビューの騎手の中では比較的地味な存在であったが、今年は初の重賞挑戦、入着も果たし、少しずつ信頼を得られる騎手に成長してきているようだ。

<7/22(土) 福島7R 未勝利 ダ1150 岩部純二×ロマンスマジック(3歳・牝) 1着/16頭(9人気)>
一方、今月に入って急激に存在感を増してきているのがベテランの岩部純二騎手。
今週は土曜日の福島7R未勝利で人気薄のロマンスマジック勝利に導いた。
道中は中団前方を追走していたロマンスマジックだったが、じっと我慢しながら進路を確保し、残り200mから一気に先頭との差を縮め、まさにはかったようにゴール直前で差し切ってみせた。
岩部騎手は初勝利が7月初週と今年は苦戦を強いられていたが、そこからあれよあれよと勝利を重ねて今週でなんと4週連続勝利中。
しかもすべて自身の乗鞍の4割近くを占めるミルファーム所有馬という固め打ちで強烈なアピールを見せている。
重賞函館2歳ステークスで騎乗したパッセは人気通りの5着だったが、この調子なら再び重賞挑戦のチャンスも回ってきそうだ。

平地レースでは他に村田一誠国分優作菅原隆一、そしてルーキーの川又賢治武藤雅横山武史と多くのマイナー騎手が勝利をあげた。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

2017/7/23のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/7/23のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

夏のローカル開催に入って、連日マイナー騎手たちが存在感を発揮している。
明日は重賞でも有力馬に乗鞍があるが、勢いに乗ってどこまで健闘できるか楽しみにしたい。

<◎7/23(日) 中京8R 500万円以下 ダ1400 国分優作×マイネルラック(4歳・牡)>
まず期待できそうなのが国分優作騎手が中京8R500万円以下で騎乗するマイネルラック
休養中に1000万下から降級して復帰後500万下を5着→2着と順調に調子をあげてきている。
上位は混戦模様だが、降級前に1000万下で連対した経験もあり、能力的にはここで手間取っているような馬ではない。
2走前に先着を許しているクライシスメンターモード、そして斤量49kg、実にこの馬と-8kgで走れるララベスラーナなど内枠勢が不気味。

<◎7/23(日) 福島6R 未勝利 芝1200 武藤雅×ネコフッピー(3歳・牝)>
続いてルーキーの武藤雅騎手が福島6R未勝利で騎乗するネコフッピー。言うまでもなくネコ軍団のうちの1頭。
前走は武藤騎手のテン乗り、そして久しぶりの芝戦で一変して2着。初めて連対を果たした。
気分屋なところがあるので過信はできないものの、内容も良好で今回も同コースということで引き続き期待。
武藤騎手も先週2勝をあげるなど好調で、勢いに乗って初勝利に導けるか。

<▲7/23(日) 函館11R 函館2歳ステークス(G3) 芝1200 岩部純二×パッセ(2歳・牝)>
重賞の函館2歳ステークスには中井裕二騎手がサンダベンポート岩部純二騎手がパッセに騎乗して出走する。
特に岩部騎手のパッセはデビュー戦で2着以下に3馬身差をつける強い内容でここでも穴人気しそう。
今回の相手にどこまで通用するかは未知数だが、ミルファーム所有馬に目下絶好調の岩部騎手という組み合わせでオーバースペックの再現を狙う。
能力的な不安は残るものの、中井騎手のサンダベンポートも最内からあっさり逃げられるようなら侮れない。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


2017/7/22のマイナージョッキー騎乗情報

・2017/7/22のマイナージョッキー騎乗情報(クリックで開きます)

本格的な夏競馬に突入してから、乗鞍、成績とも上向いてきたマイナー騎手たち。
明日も若手騎手を中心に勝ち負けまで期待できそうな乗鞍が複数あり、勝利数の上積みが期待できそう。
毎年ニューヒーローが現れる夏開催でしっかりアピールをしていきたいところ。

<◎7/22(土) 福島2R 未勝利 ダ1700 菊沢一樹×ハナサキ(3歳・牝)>
中でも一流騎手並みの乗鞍が並んだのが2年目の菊沢一樹騎手。
多数の有力馬に騎乗予定だがまず注目は福島2R未勝利で騎乗するハナサキ
前走はテン乗りとなったが初めての逃げで新味を見せて0.1秒差の2着に激走。
しかも3着以下には6馬身差をつける好パフォーマンスで一気に未勝利脱出にリーチをかけた。
順当ならフルオブグレースとの一騎打ちの様相だが、早いペースにはなりそうもなくスタートさえ決めれば楽な展開に持ち込めそう。

<◎7/22(土) 福島3R 未勝利 ダ1700 菊沢一樹×サンシロウ(3歳・牡)>
続く福島3R未勝利で騎乗するサンシロウも有力馬の一角。
こちらの馬も前走がテン乗りだったが、逃げ馬をタイム差なしまで追いつめる好内容。
やはり同じように3着以下は引き離す強い内容で、今回は結果が求められる一戦となる。
コスモオペラを筆頭に不気味な先行馬が多く、マクリ気味でも早めに仕掛けていきたい。

<◎7/22(土) 福島10R いわき特別(10下) 芝1800 菊沢一樹×ミッキースワロー(3歳・牡)>
そして将来的な意味も込めて注目なのが福島10Rいわき特別(10下)に出走するミッキースワロー
前走は重賞京都新聞杯(G2)に出走して5着ながら見どころ十分の内容だった。
秋に大きいところを目指すためにもここは落とせない一戦となるが、ラジオNIKKEI杯3着のロードリベラルの末脚はやはり強力。
幸い追い込みが決まりやすいコースではないので、スムーズな競馬からセーフティーリードを奪って押し切りを狙いたい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村